驚愕の新人堂々1位!今週のiTunesチャートアクション(2008.3.5)

ツイート
iTunesから、今週のiTunesのチャート動向が届いた。大きなトピックとしては、以下の3つ。

・Superfly「愛をこめて花束を」がソング、ビデオ・チャート1位
・Rickie-G、総合チャート8位に
・Erykah Baduのアルバム、R&Bチャート1位


まだメジャーデビューして1年経っていないながらも、初ワンマンライヴの成功、JETとのコラボレーションなど、圧倒的な音楽的才能とセンスで快進撃を続ける驚愕の新人・Superfly。彼らが先週iTunesで先行配信したミュージックビデオが、見事ビデオチャートの1位を獲得。そしてさらに、ソングの総合チャートでも堂々のTOPに輝いた。

曲はTBS系金曜22時ドラマ『エジソンの母』の主題歌として注目を浴びている。

レゲエチャートで1位を獲得したのは、オーガニックソウルのような暖かいサウンドで今最も注目を浴びるRickie-Gのアルバム『am08:59』。同アルバムは、が総合チャートでも8位という快挙。

Rickie-G、レゲエのリディムがさらに気持ちよく感じる夏に向けて、要注目のシンガーといえそう。

1997年に『バドゥイズム』でデビュー後、シングル「オン&オン」で新世代R&Bのリーダーとして君臨し、97年にはグラミーアワード・ベスト・R&Bアルバム部門を受賞したErykah Badu。彼女の最新アルバム『New Amerykah, Pt. One』がR&Bチャート1位を獲得した。これまで以上にHipHop感を増大させた彼女のこの作品は、総合チャートでもTOP20入りし、さらに順位を上げてきている。

なお、iTunesをはじめとした、楽曲配信サービス各社のチャートはBARKSのデジモノチャンネルで横断的に見ることができる。


● BARKSデジモノチャンネル

Rickie-G、アルバム『am08:59』のCD情報
Erykah Badu『ニュー・アメリカ パート・ワン(第4次世界大戦)』CD情報
Superfly、TBSドラマ「エジソンの母」主題歌に
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス