モーニング娘。が4月16日にリリースする36枚目のシングル「リゾナントブルー」。同曲が、“これこそがモーニング娘。だ!”といわんばかりの、往年の大ヒット曲の勢いとサウンドの復活を感じさせる───。

作詞作曲がつんく、アレンジャーは鈴木 Daichi 秀行というタッグで制作された今回のシングルは、ベース重めのマイナー調ダンスサウンド。随所にハモりやフェイク、ウィスパーヴォイスを使い、さらにかなり薄くディストーションをかけたようなヴォーカル処理を要所要所に行なうなど、メンバーの声にかなりこだわった作品という印象だ。

特にコーラスワークなどは、初期モーニング娘。の代表曲であり、大ヒット曲でもある「サマーナイトタウン」や「抱いてHOLD ON ME!」を彷彿とさせる。初期の頃を知っている人にとっては、女性ダンスヴォーカルグループとしてのモーニング娘。を再認識させてくれるような感覚に襲われるかもしれない。

初期のCD情報一覧(ジャケット写真など)

ところで、同曲のサビでは “リゾナントする哀しい女心” を歌っているが、このヴォーカルを引き立てているのは、他でもない美しいカウンターのライン。歌詞が織り成す哀しさと、ハープシコードのような音色で奏でられる美しさ。ふたつの旋律の対話によって、同曲の中に、“美しいほどの哀しさ” が存在している点は特筆に値するところだろう。

またそれ以外でも、ゴリッゴリのベースラインのカッコよさと、ファンなら思わずニヤリとしてしまいそうな(多分、意図的であろう)カウンターなど満載。彼女たちのヴォーカル込みで楽曲を堪能したら、今度はインスト版のほうも耳にしてもらいたい。


なお、カップリング曲は「その場面でビビっちゃいけないじゃん!」。こちらも鈴木 Daichi 秀行のアレンジが施されているが、<ジャ~ン / ビビっちゃいけないじゃん>という出だしからも伺えるように、タイトル曲とは異なり、パワー炸裂のアップテンポなナンバーだ。

原点回帰ともいえそうな「リゾナント ブルー」。PV映像のほうも気になるところだが、どうやらそちらも、あと少しで編集部のほうに届く模様。到着次第公開したいと思うので、モーニング娘。春の新曲に彼女たちのファンも、往年のモーニング娘。知る人たちも期待していてもらいたい!


「リゾナント ブルー」のCD情報など
昨年のモーニング娘。をオリジナル写真で振り返る!