BARKS×LOFTイベント、大盛況のライヴレポ

ツイート
3/5、新宿ロフトにて、ライヴ・イベント<BARKS×LOFT presents“the REAL”~ROCK Night~>が開催された。このイベントは、音楽情報サイト“BARKS”と、新宿老舗ライヴハウス“LOFT”がタッグを組んで企画したもので、OCEANLANE、COALTAR OF THE DEEPERS、FULLARMOR、Nhhmbaseらが出演。なんとチケットは先行予約であるe+プレオーダーの段階でほぼソールド・アウトだったからその人気はすごい。

そしてイベント当日、3月とはいえ寒い風が吹いていたこの日、LOFT1階の入り口付近には開場前から観客による長蛇の列! 全力でイベントを楽しもうとしてか、すでに場外コインロッカーに荷物を預け、Tシャツ1枚で外で待っているファンの姿も多かった(風邪を引かなかったかちょっと心配)。

そんな寒い屋外とは裏腹に、人で溢れかえったLOFT会場には熱気がいっぱい! まずはオープニングアクトのNhhmbaseが登場し、緊張感とポテンシャルある演奏を聴かせてくれた。

その後、FULLARMORがプレイ。FULLARMORは、ベース・プレイヤーが2人にキーボード、ドラムというインスト・バンドだ。ギターのように軽々とピッキングするのだが、楽器の持つ重厚感はそのままに、ベース音を会場中に縦横無尽に埋め尽くす。そこにキーボードの電子音が浮遊感をもって、会場上空に鳴り響くいうスタイルだ。緩急をつけ、ブレイクも小気味よく入れ込んだ楽曲、インスト・バンドならではの、繰り返されるリズムに身を任せる気持ちよさを体感させてくれるバンドだ。3/19にミニアルバム『CATARACT』をリリースする彼ら、新曲をたっぷりと披露してくれた。

次にCOALTAR OF THE DEEPERSが登場。鼓のような音でリズムが刻まれたイントロが鳴り響くと、それにあわせて堰を切ったように、一斉に爆音の洪水へ! 音の隙間を許さないバンド・サウンドに、それとは相反するようなエレクトロ・サウンドのスパイスが効いている。そこにNARASAKIのヴォーカル……なのだが、彼の歌声が、デス声、メロウな切ない歌声、ポップ感たっぷりのキュートな歌声、ささやくような歌声で、くるくると表現を変えていくのが印象的だった。

そして、ラストに登場したのが、OCEANLANE。HajimeとKayの2人によるツイン・ヴォーカルで、全編英語詞という洋楽テイストあふれるバンド。エモーショナル・ロックというカテゴリに分類されがちな彼らではあるが、ハードなロックバンドに続いた後の出番でもパワー的に見劣りなし! ぐいぐいと観客をひっぱっていくのが、手に取るように感じられる勢いだ。そこに2人のちょっと甘い歌声がリスナーの心をくすぐるのもニクいところ。

途中、MCでHajimeが「歌舞伎町が似合うバンド、OCEANLANEです(笑)」と笑いを誘ったり、「FULLARMORがカッコよかったんで、僕もインストバンドがやりたい! 声かけてくれませんか?」と和気あいあいとした雰囲気も。

OCEANLANEはこの日3/5が、シングル「Twisted Colors」のリリース日でもあり、収録曲の「I May Be」も披露。アンコールにも応えてくれ、<BARKS×LOFT presents“the REAL”~ROCK Night~>は大盛況のもと、無事幕を閉じた。次回へと続くだろう、このイベント、期待していよう!
※写真:上からOCEANLANE、COALTAR OF THE DEEPERS、FULLARMOR

■関連記事
COALTAR OF THE DEEPERS「BLINK(from DVD『FOREVER』)」PV映像
OCEANLANE、新作「Twisted Colors」登場でインタヴュー&フルPV

出演アーティストの待受画像やライヴ写真、コメント映像は携帯サイトBARKS★ARTISTまでどうぞ! http://a.barks.jp/(ケータイから)
この記事をツイート

この記事の関連情報