▲大きな写真はこちらをクリック
アルバム『ベスト・ダム・シング』を引っ提げたワールド・ツアー<THE BEST DAMN TOUR>を、3月5日からスタートさせたアヴリル・ラヴィーン。故郷カナダから始まった世界ツアーだが、日本での全国ツアーが以下の日程で決定となった。アヴリルの日本公演は、2005年3月『BONES TOUR』以来、実に3年半ぶりとなるが、今回はついに東京ドームも決定! 『ベスト・ダム・シング』だけですでに日本国内で120万を突破しているアヴリルだけに、待望のドーム会場ということになる。

ワールド・ツアー開始直前にアヴリルが発表したコメントによると、「ツアーのテーマはパーティ!」。ワールドツアーに向けた記者会見でのコメントは以下の通り。

「最新アルバムのプロモーションにこの1年を費やしてきたから、ようやくツアーでパフォーマンスできるのが本当にうれしくて待ちきれないわ! 今回は自分の色々な面を表現したいから、スローなバラードもあるし、“ガールフレンド”のようなアップビートな曲もあるわ!」──アヴリル・ラヴィーン

また、アルバム『ベスト・ダム・シング』リリース時に「今のテーマ・カラーはピンク」と話していたが、今回のライヴでも、テーマ・カラーは当然ピンク。ピンクのドラムセット、ピンクのピアノ、そしてピンクのギター、さらにマイクはピンクのクリスタルが貼りつめられたアヴリル特製マイクが用意されている模様。

ステージセットもかなりスケール・アップしており、大画面を設置したステージ・セット上には大勢のバックダンサーを従え、さらにコスチューム・チェンジも何度か行なうようだ。「ヴィジュアル的にもすごく楽しめるライヴ!」との言葉はそのまま十分に期待してよさそうだ。

なお、<THE BEST DAMN TOUR>の初回2回のライヴを終えた後に、アヴリル・ラヴィーがコメントを発表した。

「ライヴは本当に最高だったわ!今まで経験した中でも最高のオーディエンスだった。会場に来てくれているみんなの顔もしっかり見えたし、それに熱気をすごく感じることができたの。私にはファンこそが全てだって思っているし、本当にライヴは最高だったし、すごくハッピーだわ!」──アヴリル・ラヴィーン

アヴリルは現在北米をツアー中だが、5月後半にイギリスからヨーロッパ・ツアーへ突入、その後日本を始めとするアジア・ツアーを迎える予定となる。タイトル・トラック「ザ・ベスト・ダム・シング」をアルバムからの4枚目のシングルとして抱え、再びアヴリル旋風が吹き荒れ始めた。アルバム発売時より「今回はライヴでのパフォーマンスを意識して作ったアルバム。みんなで一緒に歌える、大きなパーティのようなライヴにしたい!」と語っていたが、新シングル「ザ・ベスト・ダム・シング」はまさしくライヴ向きのビートの効いた“ロック・パーティ・ソング”。よりいっそうアヴリル・ラヴィーンの勢いが増殖していくことだろう。

<Avril Lavigne The Best Damn Tour 2008 Japan>

9月10日(水) 静岡 浜松アリーナ
9月11日(木) 新潟 朱鷺メッセ
9月16日(火) 東京 東京ドーム
9月17日(水) 名古屋 日本ガイシホール(旧レインボーホール)
9月18日(木) 名古屋 日本ガイシホール(旧レインボーホール)
9月20日(土) 大阪 インテックス大阪
9月21日(日) 大阪 インテックス大阪
9月23日(祝・火) 福岡 マリンメッセ福岡
9月24日(水) 広島 広島サンプラザホール

[問]クリエイティブマン
http://www.creativeman.co.jp/2008/avril/index.html