本田美奈子.が最期に遺した歌が配信リリース

ツイート
2005年11月に、急性骨髄性白血病で惜しまれつつも永眠した本田美奈子.さんが、最期に遺した「アメイジング・グレイス(Voice Recorder Version)」が、3月24日(月)にiTunes Storeで配信リリースされることが決定した。

本田さんが唄う「アメイジング・グレイス」は、白血病で闘病中の2005年10月に発売された彼女のミニ・ベストアルバム『アメイジング・グレイス』にも収録されており、彼女の亡き後、オリコン・チャートでベスト10入りを果たした作品。

今回配信が決定した音源は、彼女が白血病と闘病する病床で、ボイスレコーダーに録音されたアカペラ。歌を心の支えに病と闘っていた本田美奈子さんが、自身の再起と、唄に対するエネルギーとが込められた、まさに渾身の歌声といえる貴重な音源だろう。

この楽曲の収益金は、同じ病に苦しむ人に「少しでも力になれれば」という彼女の遺志を継いで、収益の一部をNPO法人「リブ・フォー・ライフ美奈子基金」へ寄付される。

また同日、本田美奈子.さんが日々過ごした病院での生活と、その世界観に徹底的にこだわりながら、ボイスレターを映像化した特集が、NHK総合テレビにて放送される。放送時間は下記の通り。

▼放送日:2008年3月24日 19:30~20:43
NHK総合テレビ『本田美奈子.最期のボイスレター~歌がつないだ"いのち"の対話』
※2008年2月、3月3日に放送された本田美奈子.特集の再編集版。
本田美奈子.さんと、恩師で作詞家の岩谷時子さんの二つのベッドを結ぶ心の流を描く。


■本田美奈子.公式サイト「minako channel」
http://www.minako-channel.com/
この記事をツイート

この記事の関連情報