高橋瞳、高校卒業→上京の想いを作品に

twitterツイート
2007年10月24日、2ndアルバム『Bamboo Collage』を現役高校生のまま完成・リリースし、その後、初の全国ツアーを終了させた高橋瞳が、遂に高校を卒業した。そんな彼女の2008年第一弾作品が、6月4日にリリース予定となっている「あたしの街、明日の街」というシングルだ。

タイトルにも現れているその曲に込められた想い…それは地元:仙台を離れ、東京で活動を始める決意を描いたものだ。作詞も高橋瞳自身が手がけ、“ならでは”の言葉や思いが詰まっている作品となっているという。

過去の作品からの成長を存分に感じることのできる意欲作、そのカップリングの2曲も歌詞は本人にペンによるもので、楽曲制作陣営には新たなチームを構え、ロックでカッコカワイイ高橋瞳が感じされる仕上げになるようだ。

ちなみに、カップリングに収録される楽曲は、現時点ではタイトルも決まっていないものの、高橋瞳もレギュラー出演するNHK-BS2「デジタルスタジアム」に起用される予定となっている。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon