クラムボン原田郁子、久々ソロライヴが大盛況

ツイート
3年半ぶりにソロ活動を開始したクラムボンの原田郁子が、3月5日にミニ・アルバムアルバム『気配と余韻』をリリース。その発売を記念して購入者抽選特典のインストア・ライヴを、27日、タワーレコード渋谷店B1「STAGE ONE」にて行なった。

「お客さんと近いところで弾き語りがしたい」という原田郁子本人のアイデアで、客席フロアーの真ん中ににグランドピアノを置き、逆に一部のお客さんがステージ上から観るという異例のライヴとなった。
蒼井優主演、7月公開の映画『百万円と苦虫女』主題歌である「やわらかくて きもちいい風」など、全6曲を演奏。当選した150名は特別な時間を過ごした。

『気配と余韻』初回限定ブックCDはすでにメーカー在庫完全出荷、今後は通常盤のみの販売となる。

■PC http://www.clammbon.com/
■携帯 http://handy-clammbon.com/
この記事をツイート

この記事の関連情報