R.E.M.「新作は命がかかっている覚悟で作った」

twitterツイート
今週、14枚目のスタジオ・アルバム『Accelerate』をリリースしたR.E.M.。新作の制作は、命がかかっているという覚悟で挑んだという。

前作『Aound The Sun』はファンからも批評家からも評判が芳しくなく、メンバーでさえ「満足していない」とコメントするなど、消化不良の感を残していた。フロントマンのマイク・スタイプは、個人的には前作を擁護するが、2005年のツアーで気づいたことをもとに新作には違うアプローチで挑もうと決心したという。

彼は『The Sun』紙のインタヴューでこう話している。「(2005年)のツアー中、ライヴのほうが格段にいいってことに気づいた。エネルギーがある」バンドは新作に、このライヴの高揚感を反映したいと考えたそうだ。「(メンバー)それぞれが、まるで自分たちの命がかかっているかごとくお互いをせき立てながら、アルバムの準備をしたんだ。本当にそうなんじゃないかって思えるときもあったよ。僕の役目は、初日に完成した歌詞を用意しておくことだった。そんなこと、これまでしたことなかったよ」

その甲斐があり、『Accelerate』はスピード感がありシャープな出来になったと評判だ。日本盤は4月9日にリリースされる。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス