リスナーを虜にする、歌姫・青山テルマの魅力

ツイート
3月26日にリリースした1stアルバム『DIARY』が、4/7付けのオリコンウィークリーチャートで初登場3位にランクインした青山テルマ。今年1月にリリースしたシングル「そばにいるね」の大ヒットにより、現在テレビにラジオ、雑誌にライヴにと引っ張りだこの彼女だが、リスナーの耳を離さない青山テルマの魅力とは一体何か?

■『DIARY』TVスポット

「そばにいるね」で、透明感のあるしっとりとした歌声を聴かせている彼女は、現在20歳の現役女子大生。トリニダード・トバゴと日本のクォーターであることは、これほど有名になった今では、説明しなくてもご存知の人が多いのではないか。

今回大ヒットとなった「そばにいるね」は、昨年ヒットを飛ばしたSoulJaのシングル「ここにいるよ feat. 青山テルマ」のアンサーソングということで、リリース前から注目されていたこともヒットの一因だと思われるが、大きな原因となったのは、やはり青山テルマの持つ圧倒的な歌唱力だろう。人並み外れた表現力を持つ彼女の歌唱力は、「ここにいるよ feat. 青山テルマ」でもその才能を発揮しており、彼女の美しいコーラスが入るサビに差し掛かると、鳥肌が立つほどだ。

そんな彼女は、実はデビュー前からDS455、童子-T、SPHERE of INFLUENCE、そしてSoulJaなど数多くのアーティストの作品に参加しており、アーティストたちからも高い評価を得ていた。SoulJaのデビュー・シングル「DOGG POUND」(2007年2月28日発売)のカップリング曲「CASSIS」で色っぽい歌声を聴かせているのも、実は彼女だ。

大人な女性の色香漂うヴォーカルを聴かせる一方、自身のデビュー曲となった「ONE WAY」(2007年9月5日発売)では、20歳の女の子らしい、パワフルで元気な歌声を披露している。自由自在に自身の声を操り、楽曲によって驚くほど表情を変えるその歌声は、もはやジャンルを超越した魅力を放っている。

1stアルバム『DIARY』には、大ヒット曲「そばにいるね」はもちろん、デビュー曲「ONE WAY」のほか、小泉今日子の「あなたに会えてよかった」のカヴァー、童子-Tがフィーチャリングの「This Day feat.童子-T」など全14曲が収録された、彼女の幅広い歌声がたっぷりと楽しめる作品に仕上がっている。

今後さらに日本の音楽シーンを盛り上げてくれるであろう新たな歌姫・青山テルマに期待したい。

■「そばにいるね」PV視聴
■「ONE WAY」PV視聴
■青山テルマ コメント映像


◆リリース情報
1stアルバム『DIARY』
【初回限定盤】(CD+DVD)UPCH-9419 ¥3,300(tax in)
【通常盤】(CD)UPCH-1593 ¥2,800(tax in)
2008年3月26日発売
この記事をツイート

この記事の関連情報