ロマンティックは止まらなかった!C-C-Bが復活

twitterツイート
2007年からテレビ番組などで少しずつ姿を見せていたC-C-B。2008年、ついに彼らが復活。4月30日にアルバムをリリースする。

C-C-Bの最新フォト

ニューアルバム『Romantic(ロマンティック)は止められない』には全10曲収録予定。リード曲は「Romanticが止まらない-2008Ver.-」。多くの人がご存知の、彼らの代表曲だ。

今回発表された2008年バージョンは、オリジナルよりもパンチの効いた、ロックテイスト強めなアレンジ。とはいえ、ドラムの笠浩二のファルセットも、解散から20年近く経とうとしても、なおも健在なのはすごい。新アレンジは、オリジナルの世界観を残しつつも、新しい風を吹き込んだような、相変わらずキャッチーな仕上がりとなっている。ちなみに今回のアレンジは船山基紀が担当。さらに間奏などで聴くことができる歪んだギターには野村義男が友情出演として参加している。

このアルバムには、ほかにもダビッド・ビスバルの夏にピッタリなポップチューン「アヴェ・マリア」といった、彼らが活躍した80年代当時の洋楽の日本語カヴァーが収録(C-C-B版のタイトルは「愛と勇気のアヴェ・マリア」)。特に彼らとともに時代を過ごした人たちにとっては、聴くと懐かしさでいっぱいになることだろう(ちなみにダビッド・ビスバルの楽曲といえば、「Oye El Boom」を郷ひろみが「Boom Boom Boom」としてカヴァーした)。

あの頃からC-C-Bが好きだったという人にとっては、まさかの新作。さらに当時の活躍は知らないが、たまたまどこかで曲を聴いてファンになったという人にとっては、リアルタイムで手に取る初のニューアルバムとなるはず。

さらに、“ロマンティックも活動もやっぱり止まらなかった” 彼らは、4月28日には表参道FABで、さらに5月10日には大阪am HALLでライヴも開催決定。詳細はオフィシャルサイトをぜひ見てほしい。

C-C-B再結成スペシャルサイト
http://www.up-hill.com/ccb/index.html
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報