アイアン・メイデン、エドジェットで今度はカンヌへ

twitterツイート
(C)2008 Iron Maiden Holdings Ltd. ▲大きな写真はこちらをクリック
アイアン・メイデンのヴォーカル、ブルース・ディッキンソンが共同脚本を務めたホラー映画「CHEMICAL WEDDING」が遂に完成、2008年5月に行なわれるカンヌ国際映画祭でのプレミア上映が決定した。

カンヌの地へは、例によって今回のワールド・ツアーで移動手段として使用しているプライベート・ジェット機“エドジェット”を使用し、招待客を乗せ、ツアー同様ブルース自らが操縦するとのこと。相変わらず、かっけー! ちなみにこの映画は今夏イギリスでの公開が決定している。

またかねてからオフィシャルサイトにて公募していたアイアン・メイデンの最新ベスト盤『SOMEWHERE BACK IN TIME』(5月14日発売)の邦題が『時空の覇者』に決定した。これはファンの熱意とバンドへの愛情が伝わる全国多数の応募の中から、優秀な5名の応募作品を元に検討の結果決定されたもの。

まだまだワールド・ツアー<SOMEWHERE BACK IN TIME WORLD TOUR '08>は続き、6月に追加された北米の日程ではカナダ公演のチケットが既にソールド・アウトとなっている。その後も夏にかけてヨーロッパ公演が決まっており、ブルース機長は、歌に運転に大忙しなのである。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon