ヒット曲の方程式2008、次に注目すべき曲は…

ツイート
2007年から2008年にかけて、“着うた”がきっかけでブレイクするアーティストが目立ってきている。いままではCDの発売日までヒットチャートが読めないものだったが、最近ではCD発売前に着うた(R)先行配信を行なうアーティストが増えてきたため、「満を持してCDリリース日を迎えました」というムードが漂っている。

これは最近のヒット曲の傾向が「有線などの街鳴りでのリクエスト」→「着うたでのブレイク」→「CD発売日に予想通りヒット」という流れが多いことが関係しているようだ。

「有線リクエスト」または「着うたブレイク」によって世間の関心を集めると、それを受けてメディアもCD発売日前に作品を取り上げるようになってきている。この2つはどちらもいわゆる“口コミ”という自然現象であることから、最近は“作られたヒット”よりも“リスナーが作ったヒット”が主流になってきているのだろう。

早耳の音楽ファンや業界人は「有線リクエスト」に注目する人が多いため、そこで支持されるかどうかがキーポイントとなる。これまでもGReeeeNの「道」やSoulJaの「ここにいるよ feat. 青山テルマ」などは、「有線リクエスト」の段階から注目され、実際ビッグヒットを記録した。

いま、そうした意味で非常に注目されている曲がある。ピアノのメロディのイントロ後、美しい女性ヴォーカルで「もう一度会いたいよ 声聞きたいよ…」と歌い始めるラブバラードだ。4月上旬からこの曲が有線でかかり始めると、連日問い合わせが殺到。早くも問い合わせチャートで1位を記録した。

この曲のタイトルは「もう一度…feat.BENI」。童子-Tの作品で、“BENI”こと安良城 紅(あらしろ・べに)がフィーチャリング参加している。まだ有線でしか主にオンエアされておらず、CD発売日も6月11日と当分先だが、4月11日より先行配信されている着うた(R)は、配信開始からわずか5日で39位と赤丸急上昇中。先述した昨今のヒットパターンに乗りつつある期待の楽曲と言えそうだ。まだチェックしていない人は、ぜひチェックを。
この記事をツイート

この記事の関連情報