ポール・ウェラーはフェスティヴァルがお嫌いのようだ。今年のグラストンベリーの人気が低いことに対し意見を問われると、フェスティヴァルへ行く人の気持ちがわからないと答えた。

彼はBBC 6ミュージックでこう語った。「最悪のコンディションなんだろ? それなのに、みんなどうして…。ヘロヘロになってそこに3日間い続けなきゃならないわけだろ?」「俺はベストな状態だとしても、フェスはあんまり好きじゃない。フツウのギグがいいよ…。それに今じゃ組織化し過ぎてるだろ」

グラストンベリーに何度も出演してきたウェラーは、オーディエンスのタイプが変わりつつあることにも言及している。「'94年にプレイしたときと去年の違いは、(去年は)ヒット曲は知ってるオーディエンスが多かった。でも'94年はミュージック・ファンだった。グレーテスト・ヒッツなんてやる必要なかったよ。これは、俺にとって注目すべきことだったな」

6月、9枚目のソロ・アルバムとなる『22 Dreams』をリリースするポール・ウェラーは現在、来月行なわれるUKツアーのリハーサル中。夏には、サマーソニックで来日する。アルバム・リリース間近には、Barksでも独占インタヴューを掲載予定なのでお楽しみに!

Ako Suzuki, London