ガンズ・アンド・ローゼズ、リアリティTVはなし

ツイート
ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが、ニュー・アルバム『Chinese Democracy』のリリースに向けリアリティ番組へ出演するとの噂が流れていたが、バンドはこれを正式に否定した。

バンドは先週、以下のような声明をオフィシャル・サイト(Gunsnroses.com)に掲載した。「ネットで噂が駆け回っているようだが、ガンズ・アンド・ローゼズは、新作『Chinese Democracy』のプロモーション、およびいかなる理由においてもリアリティ番組に出演するつもりはない」

最近、『Chinese Democracy』が完成したとの報道をきっかけに、ミュージック・チャンネルがレコーディングで撮影された映像を使用するとともに、アルバムのリリースまでアクセルを追い続けリアリティ番組を作るようだと噂されていた。

また、ギタリストのロビン・フィンクがこの夏、ナイン・インチ・ネイルズのツアーに参加することが発表されたが、このニュースはガンズのメンバーにとっても寝耳に水だったようだ。彼らは「ロビンの計画は、ファン同様、ガンズのメンバーにしてもちょっとした驚きだった。“ロビンのことはロビンしかわからない”というのがまさに相応しい。マネージメントも俺たちもこれ以上のことは知らないし、現時点で推測や意見を述べるのは避けたい」とコメントしている。この言葉通り、現在のところ、フィンクがガンズを脱退するつもりなのか、それとも一時的に古巣のNILに手を貸すだけなのかははっきりしていない。フィンクのツアー参加は今月初めNILのオフィシャル・サイト(Nin.com)で発表された。ツアーは7月下旬にスタートし9月上旬まで続く。

気になる『Chinese Democracy』のリリースのほうだが、バンドは「現在、交渉中」で「順調に進んでいる」と報告している。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報