魅惑のレオナ旋風は国境を越えて、今週のiTunesチャート(2008.4.23)

ツイート
iTunesから、今週のチャート動向が届いた。大きなトピックとしては、以下の3つ。

・RIZEのアルバム『K.O.』がロックチャート1位
・Leona Lewisが総合チャート3位
・'90s 洋楽MEMORIESの楽曲が各ジャンルでチャートイン


まずはレオナ・ルイス。彼女のUKでの成功、そして彼女が生み出した神話、そして彼女へのインタビューはBARKSでもすでにお伝えしたとおり。当然といえばそれまでだが、全英を魅了したこの歌姫のアルバム『Spirit』は、iTunesでも注目度が高く、総合アルバムチャートで3位を獲得した。同アルバムは、2007年、UKで最も売れたシングルとなった「Bleeding Love」を含む13曲入り。

●2008年、世界へ羽ばたくUKの歌姫、レオナ・ルイス フォトアルバム
https://www.barks.jp/feature/?id=1000036842

邦楽に目を向けると、RIZEのアルバム『K.O.』がロックチャートで1位を獲得。前作から約1年2ヶ月ぶりとなった本作品には、元Def TechのSHENらによるHIPHOPユニット、E.D.O.が参加と話題性十分。興味深いコラボは必聴だ。

また、iTunesが企画している「'90s 洋楽MEMORIES」に集められた楽曲がオルタナチャート、ロックチャートに続々ランクインしているのも今週の特徴。ハンソン、シャンプー、ミー&マイ、ザ・カーディガンズ、ニュー・ラディカルズ、ロバート・マイルズなどなど、90年代を風靡したアーティストの楽曲が集められている同企画。試聴しているだけでもなかなか楽しめるぞ。

iTunesをはじめとした、楽曲配信サービス各社のチャートはBARKSのデジモノチャンネルで横断的に見ることができる。

BARKSデジモノチャンネル

RIZEの演奏で練習できるバンドスコアが登場
レオナ・ルイス 『Spirit』CD情報
ヨーロッパで話題の女性シンガー、iTunesチャート(2008.4.9)
この記事をツイート

この記事の関連情報