チープ・トリック『at武道館AGAIN!』大盛況

twitterツイート

pic by YUKI KUROYANAGI

2008年4月24日、チープ・トリックの『at武道館』30周年を記念しての、たった一夜の来日公演『at武道館AGAIN!』が行なわれ、大盛況のうちに幕を閉じた。まず、セット・リストは以下の通り。

Hello There※
Come On, Come On※
Big Eyes※
California Man※
If You Want My Love
Best Friend
Downed※
I Want You To Want Me※
I Know What I Want
Voices
High Roller※
The Flame
That 70’s Song
Surrender※
《encore》
Dream Police
Auf Wiedersehen※
Clock Strikes Ten※
Goodnight※

タイトルの末に「※」が記されているのは、1978年の武道館公演でも演奏された楽曲。事前に「当時のセット・リストを完全再現」といった報道が一部でなされていたり、「二部構成らしい」といった根も葉もない噂が飛び交っていたりもしたが、実際に披露されたのはこれらの全18曲。あくまで僕個人の感想を言わせてもらうなら、いわゆる“完全再現”に徹するよりもずっと充実感のある、しかも実にチープ・トリックらしい演奏内容だったと思う。要するに「あの曲も聴きたかったのに!」的な文句を言う気になれないくらい素晴らしかったということだ。もちろん聴きたかったけどね、たとえば「Lookout」とか。

いわゆるライヴ評については、音楽雑誌『PLAYER』の次々号で書かせていただくことになっているので、あまり具体的なことについて触れるのは避けておく。が、公演前日に行なわれた「前夜祭」で「当時の白いスーツは今もお持ちですか?」というファンからの質問に「もちろん。白いスーツは他にも持ってるし。明日のライヴでそれを着るかどうかは内緒だけどね」と答えていたロビン・ザンダーの白いスーツ姿が目に飛び込んできた瞬間に、僕は彼らの“本気”と“敬意”を感じたし、トム・ピーターソンの背後に千羽鶴が見えたところで一気に30年前にトリップしてしまった。おかげでその後は、ずっと歌いっぱなし。隣の席で一緒に観ていたHEESEYと声を張り合い続けていたので、前の席にいらした方には迷惑だったかも。

終演後にはバックステージを覗かせていただいたが、「30年前の関係者」もたくさん含むゲストたちに囲まれて、メンバーたちも終始笑顔。とてもなごやかな雰囲気だった。しかし僕の「チープ・トリック漬けの一夜」は、ここでは終わらなかったのである。同じ日の深夜、何が起こったのかは、また次回、改めてお伝えすることにする。

ところで今回の公演の招聘元であるH.I.P.のホームページでは、この『at武道館AGAIN!』に関する感想やメンバーたちに向けてのメッセージを募集している。のちに英訳され、メンバーたちのもとに送られるとのことなので、あなたにも是非「次回は31周年を!」とか「全国ツアーを!」、「10年前のシカゴみたいに東京4夜連続公演を!」といったリクエストも含めて参加していただきたいところだ。

http://www.hipjpn.co.jp/cheaptrick/news.html

増田勇一
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報