カイリー・ミノーグ、世界ツアー<KYLIE X2008>開始

ツイート
最新作『X』を引っさげてカイリー史上最高のツアーとなる<KYLIE X2008>が、2008年5月6日のパリ公演を皮切りにスタートした。

Copyright © 2008 Darenote Ltd. – ALL RIGHTS RESERVED
PHOTOGRAPHER: WILLIAM BAKER
ヨーロッパをくまなく回る今ツアー、ギリシャ、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、トルコ、ルクセンブルグ、ロシア、ラトビア、スペインでは初めての公演、北アイルランドでの公演は1990年のファースト・ワールド・ツアー以来となる充実の内容だ。ツアーの最後を飾るのはロンドンの7公演、8月4日までロンドン市内にあるO2アリーナで行なわれる。

チケットは既に50万枚以上が売れ、ショー制作費は100万ポンド(日本円約21億円)にものぼるという。これは2002年に行なわれた<フィーバー・ツアー>をも凌ぐ、カイリーのキャリアにおいて最大のスケールを誇るものだ。また、初めてブラス・セクションを取り入れたり、4名のアクロバットダンサーを含む14名のダンサーを起用したりと、新たな編成で臨むカイリーのパフォーマンスも見所となっている。

最新アルバム『X』を中心に構成しながらも、これまでのキャリアから新旧織り交ぜた幅広い選曲と、その上で未発表曲とお楽しみのカバー曲を織り交ぜるという<KYLIE X2008>、注目すべきはこのコスチュームだ。かねてから日本のアート写真集を愛読するなど“日本大好き!”と公言するなど親日家で有名なカイリーだが、2007年12月の来日の際にますます日本文化に影響を受け、このコスチュームを考案したという。

目を引くのは艶やかなメイクだが、担当したメイク・アップ・アーティストの名前はなんとKABUKI(カブキ)。そして、今回のツアーでカイリーのワードローブのデザインを手掛けるのはジャン・ポール・ゴルチエ。カイリーの為に特別にデザインされた衣装数着(7着)も披露され、いつもに増してヴィジュアルで魅せるステージになりそうだ。

<Kylie X 2008>ツアー全日程
●ヨーロッパ
5月6日 パリ(フランス)
5月7日 アントワープ(ベルギー)
5月9日 シュトゥットガルト(ドイツ)
5月10日 フランクフルト(ドイツ)
5月12日 プラハ(チェコ)
5月14日 ウィーン
5月15日 ブダペスト(ハンガリー)
5月17日 ブカレスト(ルーマニア)
5月18日 ソフィア(ブルガリア)
5月20日 イスタンブール(トルコ)
5月22日 アテネ(ギリシャ)
5月25日 チューリッヒ(スイス)
5月27日 ケルン(ドイツ)
5月29日 ミュンヘン(ドイツ)
5月30日 ジュネーブ(スイス)
6月1日 リヨン(フランス)
6月3日 マドリード(スペイン)
6月5日 ルクセンブルグ
6月7日 ハンブルグ(ドイツ)
6月8日 コペンハーゲン(デンマーク)
6月10日 オスロ(ノルウェー)
6月11日 ストックホルム(スウェーデン)
6月13日 ヘルシンキ(フィンランド)
6月16日 モスクワ(ロシア)
6月18日 サンクトぺテルブルグ(ロシア)
6月20日 リガ(ラトビア)
6月22日 ベルリン(ドイツ)
6月23日 ロッテルダム(オランダ)
●UK
6月26-27日 ベルファスト(北アイルランド)
6月29-30日 ベルファスト(北アイルランド)
7月5-6日 グラスゴー(イギリス)
7月8-9日 グラスゴー(イギリス)
7月11-12日 マンチェスター(イギリス)
7月14-15日 マンチェスター(イギリス)
7月17-18日 マンチェスター(イギリス)
7月20-21日 ニューキャッスル(イギリス)
7月23-24日 ニューキャッスル(イギリス)
7月26-27日 ロンドン(イギリス)
7月29-30日 ロンドン(イギリス)
8月1-2日 ロンドン(イギリス)
8月4日 ロンドン(イギリス)
この記事をツイート

この記事の関連情報