映画「痛いほどきみが好きなのに」でギターをゲッツ

ツイート
▲大きい写真はこちらをクリック
俳優イーサン・ホークが自伝的恋愛小説を自ら映画化した「痛いほどきみが好きなのに」。

“好き”という気持ちをただぶつけることしか出来なかった初めての失恋…そんな誰にでも経験がある痛いほど純粋な気持ちを、NYで暮らす男女の何気ない会話や仕草で、鮮明にナチュラルに描き出した意欲作だ。

ただただ愛しているのに、少しずつすれ違っていく。思いもよらない方向へ…。どうしようもない思い、痛み…そんな初めての愛の淡い経験は、この予告編だけでも十分に胸を打つはず。

◆映画「痛いほどきみが好きなのに」予告編
https://www.barks.jp/watch/?id=1000021921

そんな映画「痛いほどきみが好きなのに」の中で流れる音楽が、またすばらしいのだ。グラミー賞受賞のシンガーソングライター、ジェシー・ハリスによる全曲書下ろしによる楽曲の数々は、心に染み入るアコースティックなメロディをノラ・ジョーンズをはじめとした豪華アーティストが温もりと切なさとともに歌い上げている。

豪華な才能が集結したその音楽は、オリジナルサウンドトラックとして5月21日にリリースされるが、そこに参加しているミュージシャンは、ノラ・ジョーンズ、ブラッド・メルドー、ウィリー・ネルソン、エミルー・ハリス、ファイスト、キャット・パワー、ブライト・アイズといった面々だ。

▲大きい写真はこちらをクリック
そんな映画「痛いほどきみが好きなのに」の公開を記念して、新宿武蔵野館では、特別プレゼントキャンペーンが行なわれている。映画「痛いほどきみが好きなのに」の感想やあなたの思いをしたため、劇場に設置されてある応募BOXへ応募! 抽選で各1名様に、アコースティックギター Mavis E-3またはウクレレMavis MUK-200がプレゼントされるという。

青春時代、胸を締め付ける思いを歌に込めて弾き語った貴兄! その淡い思い出をそっとしたためて、ギターを手にしてはいかが?

<アコースティックギター/ウクレレプレゼントキャンペーン>
■応募期間:5月17日~上映終了日まで
■応募BOX設置場所:新宿武蔵野館ロビー
(提供:石橋楽器)
※応募いただいた感想は、新宿武蔵野館ロビーにて随時掲出いたします。
※応募いただいた個人情報は、本キャンペーン以外の目的には決して転用いたしません。
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス