ジャンキーXL、パーティー・アニマルの面目躍如

ツイート
ELVIS VS JXL名義でリリースした「ア・リトル・レス・カンヴァセーション」がナイキ・フットボールのテレビCMで使用され、世界24ケ国でナンバーワンを獲得するなど、大ヒットを記録したジャンキーXL。デイヴ・ガーン(デペッシュ・モード)、チャックDなど多彩なゲストを招いたアルバム『ラジオJXL』は、アゲアゲなパーティーチューン満載でヒットを飛ばした。さらにフジロック出演やジャパンツアーも敢行し、ライヴでもオーディエンスを熱狂させてくれた。

その後は、『バイオハザード』『アニマトリックス』などの映画音楽制作を行ないつつ、2006年にはパーソナルな色合いが強く出た『トゥデイ』をリリースした。このアルバムは彼の繊細で内省的な世界観が評価される一方、パーティーチューンを期待する声があったのも事実だった。

そんな中、日本でのレーベル移籍を経て、最新作アルバム『ブーミング・バック・アット・ユー』がこの春リリースされた。このアルバムは誰もが待望していたロッキンなパーティー・アルバム。旬のエレクトロを導入し、シザー・シスターズのアナ・マトロニックなど、女性ヴォーカルを大胆にフィーチャー。まさに「キラキラアッパー」なパーティー・チューン満載のアップリフティングな会心作となっている。

また、そんな最新作を引っさげてジャンキーXLはSUMMER SONIC 08に出演する。ファットボーイ・スリムやジャスティス、BOOM BOOM SATELLITESらと同じMOUNTAIN STAGEへの出演だけに、日本中のパーティー・アニマルたちを熱狂させてくれるに違いない!

そんなジャンキーXL最新アルバムをBARKSの着うた(R)サイト、BARKS★SOUNDおよびBARKS★SOUNDフルで好評配信中。アゲアゲなダンスミュージック好きなら今すぐチェックしよう!

BARKS★SOUND
http://s.barks.jp/
この記事をツイート

この記事の関連情報