L’Arc~en~Ciel、2011年まで活動休止

twitterツイート
5月17日、L’Arc~en~Cielのソウル公演がオリンピックパーク体操競技上にて9,000人を動員して行なわれた。 これは<TOUR 2008 L’7~Trans ASIA via PARIS~>という世界の7大都市を股にかけたツアーの一環であり、 彼らのソウルでの公演は2005年に続き二度目である。

TOUR 2008
L’7~Trans ASIA via PARIS~
ソウル:オリンピックパーク体操競技場【Photo Album】

https://www.barks.jp/feature/?id=1000040150

上海と台湾で20,000人を動員、そして初のヨーロッパでの公演であるパリでも5,500人を動員しツアーは大盛況を収めている。 パリ公演の模様は日本の映画館でも深夜3時より同時生中継されるという、世界初の試みも実施された。

そんな勢いに乗り、ラルク旋風は韓国にも上陸。他諸国同様、最新アルバムからの曲や数々のヒットシングル曲も披露。 集まった9,000人のオーディエンスから熱狂的な歓声を浴びた。

5月24日には香港、国内では5月31日、6月1日、3日の東京ドーム、6月7日、8日京セラドーム大阪での公演を行なう。

そして、ツアー密着取材を敢行中の鹿野淳氏のサイト「FACT」にバンドの今後に関わる注目すべき情報が掲載された。先日の新聞広告において「2008 SUMMER NEWSINGLE」「2011 NEXT LIVE 20th L'Anniversary Live」と意味深な告知がなされたばかりである。「FACT」に掲載されている鹿野氏の言葉によれば、

夏のリリースを経てから、彼らはソロの季節を迎えるのだろう。そして2011年。結成から20年を迎えるこの年に、再び彼らはエポックメイクなライヴを敢行する予定でいる。そこまでの具体的な流れは今はまだ未定であるが、今、確かに言えることは、「ドームツアー後のL’Arc~en~Cielは、この1年間とは異なる緩やかな季節を迎える」ということである。/鹿野 淳(MUSICA)

とのこと。

<TOUR 2008 L'7~Trans ASIA via PARIS~>
4.19 上海:源深体育場
4.26 台北:中山足球場
5.09 パリ:ルゥ ゼニット アリーナ
5.17 ソウル:オリンピックパーク体操競技場
5.24 香港:アジア ワールドエキスポ アリーナ
5.31 東京:東京ドーム
6.01 東京:東京ドーム
6.03 東京:東京ドーム
6.07 大阪:京セラドーム大阪
6.08 大阪:京セラドーム大阪

■オフィシャル・サイト http://www.LArc-en-Ciel.com
■FACT http://www.fact-mag.com/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報