ザ・クークス、アークティックスは「ゴーマン」

twitterツイート
ザ・クークスのフロントマン、ルーク・プリチャードは、アークティック・モンキーズのアレックス・ターナーの頭を蹴っ飛ばしたことがあるそうだ。その後、仲直りしようとしたが、もはや両者の間には埋められない溝ができてしまったらしい。

プリチャードは『Daily Mirror』紙にこう話している。「アークティックスとは初めて会ったときから変な関係なんだ。俺たちがステージにいるとき、アレックスが俺のギター・ペダルのコードを抜こうとしたから、奴の頭を蹴っ飛ばさなきゃならなかった。あいつらとは、よく同じギグに出演してたんだ」

プリチャードはその後、関係を修復しようとしたものの、ターナーにシカトされたそうだ。「最近、スタジオで会ってさ、一緒にジャムしないかって訊いたんだけど、あいつ(ターナー)、背中向けて去って行ったよ。あいつら、ちょっとゴーマンになってんじゃなかな。ま、仕方ないよな。チヤホヤされてるんだろうから」

プリチャードはデビュー当時、「ザ・クークスはアークティック・モンキーズのせいで、影が薄くなってしまった」と発言していたこともある。少なからずとも最初から、アークティックスにはライバル意識を抱いていたのかもしれない。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス