6月9日はロックの日、では6日は何の日?

twitterツイート
6月9日はロックの日(ムックの日でもある)だが、では6月6日といえば…ご存知「補聴器の日」。

というわけで、日本補聴器工業会が6月6日の「補聴器の日」を記念し、クイーンズスクエア横浜にて<耳で感じるコンサート>を行なう。

このイベントは、「音楽を通じて五感を刺激する」をコンセプトに企画された「耳」のためのコンサート。“コンサートやライヴって、そもそも音楽なんだから耳で聴くもんじゃないの?” と思うなかれ。いわゆるライヴは重低音など耳ではなく身体で感じているはず。今回の<耳で感じるコンサート>は、より“耳で聴く”ことに特化し、日常生活では意識することが少ない「聞こえ」について、老若男女にかかわらず多くの人々に関心を持ってもらうためのイベントだ。

当日は、クラシック・オペラ界よりテノールの田代万里生とバリトンの吉武大地。ポップス界から結城安浩、ミュージカル界からは山崎育三郎の4人の若手で結成された男性ヴォーカルグループ「ESCOLTA(エスコルタ)」と、木村拓哉主演映画『武士の一分』で、ゲスト・ミュージシャンとして音楽に参加した藤原道山(尺八)、クラシックのみならず、ジャズ、タンゴ、ポップスなど幅広いフィールドで活動し、若手チェリストの中で人気、実力ともにナンバーワンの古川展生(チェロ)、さらにゴスペラーズ「永遠(とわ)に」をはじめ、高橋真梨子、平原綾香など多くのアーティストに楽曲を提供、TBS系ドラマ『いま、会いにゆきます』のサントラなども手がけた妹尾 武(ピアノ)の3人で結成された「KOBUDO-古武道-」がライヴを行なう。

なお、この模様は『TOKYO FM SUNDAY SPECIAL』として、脳科学者の茂木健一郎氏をゲストに迎え、「音楽」と「耳」と「脳」の関係をテーマとした解説とともに6月8日にTFMで放送される予定。

<耳で感じるコンサート>開催概要

【日時】 2008年6月6日(金) 18:30~20:00
【会場】 クイーンズスクエア横浜 1階 クイーンズサークル
【出席者】
出演アーティスト: ESCOLTA、KOBUDO-古武道-
パーソナリティ: 高柳 恭子(東京FM アナウンサー)
【入場料】 無料
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報