<アメリカン・アイドル>出身エリオット・ヤミンの実力を観る

ツイート
5月29日、東京・水道橋のJCBホールに関係者約1500名を集めて、エイベックス・グループ新人コンベンション<“TAKE OFF” Flight No001>が開催された。

<“TAKE OFF”Flight No001>とは、今期のエイベックス・グループのイチ押し新人アーティストを紹介するイベント。

今回は、峰香代子、D、alan、坂詰美紗子、TRIPLANEなどなど、rhythm zoneやtearbridge productionといったエイベックス内レーベルや制作部のイチオシ新人アーティストが出演。それぞれ素晴らしいパフォーマンスを披露した。

その中でトリを務めたのは、今、マドンナ、レオナ・ルイスを抑え、USEN総合チャート(洋楽)3週連続1位を獲得し、オリコンデイリーチャートでも、Superfly、宇多田ヒカルに続く3位(5/26付)を獲得した、話題のエリオット・ ヤミン。

●コンベンションライヴの模様も! フォトアルバム
https://www.barks.jp/feature/?id=1000040523

サポートのピアニストとともに登場した彼は、5月21日に発売したデビューアルバムの中から「One Word」と、6月2日付け「ビルボードジャパン トップ100」チャートで、エアプレイのみのポイントで5位となったヒット曲「Wait For You」をメドレーで披露。特に「Wait For You」の、別れた彼女への想いを綴ったその歌と、心で歌う彼の歌声は1500人のオーディエンスを魅了し大喝采を浴びた。

アメリカの大人気オーディション番組<アメリカン・アイドル>で勝ち残った圧倒的な実力を日本の関係者に見せつけたエリオット・ヤミン。ライヴ終了後に覚えたての日本語で、“ガンバリマス!” “ヨロシクオネガイシマス!” と、ハニカミながらトークをすると、会場からは温かい拍手が贈られた。

この超実力派新人の曲は、今後USENやラジオでますます広まって行くことが予想される。まだ聴いたことがないという人は、以下のアルバム全曲試聴&PV視聴で。

●アルバム『ウェイト・フォー・ユー』全曲試聴
https://www.barks.jp/cdreview/?id=2000478371

●「Wait For You」PV視聴(リンク先に「One Word」のPVも)
https://www.barks.jp/watch/?id=1000021853
この記事をツイート

この記事の関連情報