2007年、YouTube、ニコニコ動画を初めとした世界中の動画共有サイトでブームとなった「ウッーウッーウマウマ(゜∀゜)」が、ちょっとした記録を打ち立てた。

2008年5月21日にリリースされたマキシシングル「ウッーウッーウマウマ(゜∀゜)/キャラメル」が6月2日付オリコン週間ランキングにて、TOP20位入り(ウイークリーチャート16位、デイリーチャート最高11位)を果たしたのだ。洋楽シングルがウイークリーTOP20にランクインするのは、実はボン・ジョヴィの『Have A Nice Day』以来約2年8ヶ月ぶりのこと。

明るく元気でキャッチーな曲調と、とてもキュートなキャンディボイスが、魅力の源にあることは間違いないが、誰でも踊れるウマウマな動きが全世界に爆発的に増殖した余波が、いまCD市場に押し寄せた形だ。

さび冒頭部分のスウェーデン語「バルサミコ酢やっぱいらへんで」との空耳メッセージによって、バルサミコ酢の消費に影響を与えたとか与えないとか全く無関係とかはわからないが、今なお「ウマウマ新着動画」が全世界からアップされている動きを見ると、まだまだ面白い展開に発展していきそうな気配も。

「ウッーウッーウマウマ(゜∀゜)」のシングルとアルバムはリリースされたばかりだが、6月18日にはキャラメルのフルアルバム、8月20日にはウッーウッーウマウマ(゜∀゜)ダンスを収録したDVDも発売が予定されており、まだまだアンテナの感度は鋭く立てていたほうが面白そうだ。