常田真太郎、映画『ダイブ!!』でトークショー

ツイート
▲大きな写真はこちらをクリック
6月4日(水)、東京厚生年金会館大ホールにて、話題の映画『ダイブ!!』プレミアム試写会が開催された。今作品は若者が水泳の高飛び込みに賭ける思いを綴った青春ストーリーだが、ご存知のように、主題歌を大橋卓弥、劇中音楽を常田真太郎が担当するという、スキマスイッチのふたりがソロの立場から強力タッグを組んだ話題作だ。

当日はゲストに熊澤尚人監督と常田真太郎を迎え、『ダイブ!!』の音楽の話題を中心にトークショーが繰り広げられた。2008年よりソロ活動を始めてから常田が公の場で語るのは今回が初めてだったこともあり、会場には熱心なファンを中心に2000人以上の観客で埋め尽くされた。

ふたりが特に思い入れのある『ダイブ!!』楽曲の視聴をはさみつつトークは進行。劇中に流れる全ての音楽を担当した常田だが、今回、常田に劇中音楽を依頼した経緯について熊沢監督は「もともとスキマスイッチの品格のある音楽が大好きだったのですが、ある日、常田さんが劇中音楽オタクだという噂を聞きました(笑)。今作にも常田さんの音楽性を是非とも注いでいただきたいと思い、すぐにオファーしました。」と、そのいきさつをトーク。

「確かにもともと映画音楽にはとても興味がありました。今回やらせていただいて、普段スキマスイッチで曲を作っているときとは違って、何もかもが初体験でとても新鮮で楽しかったです。でも音楽活動を始めてこんなに早くお声をかけていただけるとは思いませんでした(笑)。」と常田はコメントを残した。

常田はとって映画音楽の魅力とは「名脇役になれること」。

「またいっしょに仕事をしよう」と互いにエールを送るなど終始なごやかムードながら、白熱したトークとなって会場は大盛り上がり、貴重なトークショーとなった。

映画『ダイブ!!』は6月14日(土)より角川シネマ新宿ほかにて全国ロードショーとなる。常田真太郎が手掛けた『ダイブ!!』オリジナル・サウンドトラック、さらに大橋卓弥が手掛けた『ダイブ!!』主題歌「SKY」は、ともに6月11日に同時発売となる。

「ダイブ!!」オリジナル・サウンドトラック
・初回生産限定盤[CD+DVD]:AUCK-18028/9 \2,940(tax incl.)
・通常盤[CD]:AUCK-17007 \2,625(tax incl.)
1.コンクリート・ドラゴン
2.自己紹介ダイブ
3.坂井家のテーマ
4.始動
5.誰?
6.ダイヤモンドの瞳
7.飛ぶために
8.飛ぶ意味
9.戦い終えて
10.昨日の敵は
11.飛沫のテーマ
12.オリンピックへ
13.要一のテーマ
14.決意と結束
15.交響曲「SKY」
16.戦闘開始!
17.雌雄を決す
18.飛沫、飛ぶ
19.要一、飛ぶ
20.知季、飛ぶ
21.知季のテーマ
※常田真太郎によるライナーノーツを掲載
●特典DVD(初回生産限定盤のみ)
(1)2chステレオ/5.1ch サラウンド音源の“音像”と映像で楽しむ常田真太郎監修による“サウンドスケッチ”コンテンツ(収録曲:「コンクリート・ドラゴン」「交響曲『SKY』」)
(2)スチール撮影メイキング・オフショット
(3)映画「ダイブ!!」劇場予告編を収録した特典DVD付
この記事をツイート

この記事の関連情報