スラッシュ、VRのシンガーが見つかる前にソロを制作

twitterツイート
ヴェルヴェット・リヴォルヴァーは、4月にフロントマンのスコット・ウェイランドが脱退して以来、活動休止状態だが、スラッシュ(G)はこの期間を休暇にあてるつもりはないそうだ。ウェイランドの代わりのシンガーが見つかるまで、ソロ・アルバムの制作に専念するという。

彼は、ソロ・プロジェクトについてBlabbermouth.netにこう明かした。「時間のあるうちにと思って、かなりの勢いでやってる。シンガーが見つかったら、ヴェルヴェットのほうで忙しくなるからな。このつかの間の時間を、出来る限りソロ・アルバムのために費やしたいんだ。いつリリースできるか、わからない。でも、ヴェルヴェットの新作の前に完成できればって思ってる」

スラッシュにとって初のソロ・アルバムとなるだけに、思い入れも大きいようだ。「初めてのソロ・アルバムだ。これまでは、ほかのバンドとジャムしてただけだろ。だからこいつは、ちょっと個人的なものになるよ」

ウェイランドの脱退後、ニュー・シンガーの候補には様々な名前が挙がっている。中でも有力候補なのが元スキッド・ロウのセバスチャン・バックだが、彼は最近のインタヴューでVRへの加入に対しあまり乗り気でない発言をしている。VRのべーシスト、ダフ・マッケイガンもバックが加入したら「違うタイプのバンドになっちまう」とコメントしている。

これまでバックのほか、クリス・コーネル、ジョシュ・トッド(バックチェリー)、マイク・パットン(フェイス・ノー・モア)、スコット・スタップ(クリード)らの名も噂に上った。『Classic Rock』マガジンが独自に候補リストを制作しマッケイガンに見せたところ、彼は、レニー・クラヴィッツ、チェスター・ベニントン(リンキン・パーク)、ドノヴァン・リーチ(ナンシー・ボーイ)、シューター・ジェニングス(アメリカのカントリー・シンガー)を気に入っていたという。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス