MOJOアワーズ、発表

ツイート
UKの音楽誌『MOJO』が主催する、今年の<MOJO Awards>の受賞者が発表された。

読者投票によって決まったソング・オヴ・ザ・イヤーにはダフィの「Mercy」が、最優秀アルバムでは、そのダフィ、レディオヘッド、アークティック・モンキーズ、ロバート・プラントらを破り、ニック・ケイヴの『Dig!!! Lazarus Dig!!!』が選ばれた。

また、昨年1番話題になった公演により、レッド・ツェッペリンが最優秀ライヴ・アクトに選出された。

通常のミュージック・アワーズと違い、レジェンド/功労賞系が多い同アワーズ。今年は、ポール・ウェラー、ジェネシス、モーターヘッド、セックス・ピストルズ、スペシャルズらの功績が称えられた。


<MOJO Awards 2008>の主要部門の受賞者/作品は以下の通り。

●ソング・オヴ・ザ・イヤー(読者投票)
ダフィ「Mercy」

●新人賞(読者投票)
ラスト・シャドウ・パペッツ

●最優秀ライヴ・アクト(読者投票)
レッド・ツェッペリン

●最優秀アルバム(読者投票)
ニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズ『Dig!!! Lazarus Dig!!!』

●最優秀コンピレーション(読者投票)
『JUNO』(サウンドトラック)

●インスピレーション・アワード
ジョン・フォガティ

●アイコン・アワード
セックス・ピストルズ

●殿堂入り
ザ・スペシャルズ

●クラシック・アルバム
マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン『Loveless』

●ヒーロー・アワード
モーターヘッド

●功労賞(Outstanding Contribution)
ポール・ウェラー

●ヴィジョン・アワード
『Joe Strummer: The Future Is Unwritten』(ジュリアン・テンプル監督)

●異端者アワード
マーク・E・スミス(ザ・フォール)

●レジェンド2008
アーマ・トーマス

●特別賞
ジュディ・コリンズ

●生涯の功績賞(Lifetime Achievement)
ジェネシス

●クラシック・ソング・ライター2008
ニール・ダイアモンド

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報