WBC世界フライ級チャンピオン内藤大助、PV初出演

ツイート
沖縄出身のレゲエアーティスト、U-DOU & PLATY(ユードウ・アンド・プラティ)のミュージックビデオに、WBC世界フライ級チャンピオン内藤大助選手が出演していることがわかった。

●内藤大助選手出演シーンのフォトアルバム&コメント
https://www.barks.jp/feature/?id=1000040977

内藤選手が出演するのは、U-DOU&PLATYが7月2日にリリースするミニアルバム『For di Future』収録のタイトル曲「For di Future feat. かりゆし58」のミュージックビデオ。内藤選手がビデオクリップに出演するのは今回が初だ。

そもそもこの曲が作られたきっかけとなったのが、内藤選手の試合。U-DOU & PLATYが試合をテレビ観戦していて、内藤選手の「いじめられっ子」から「世界チャンピオン」という努力の人生に心が震えるほど感動したという。内藤選手が身をもって「夢」を実現する事の素晴らしさを日本中に教え感動をくれたこと、そしてそこからもらった感動を音楽として伝えてみたいと思い、今回の楽曲制作へと至った。

さらに今回、同じく地元沖縄出身の人気バンド、かりゆし58をフィーチャリングに迎え、ウチナーヴァイブス全開となった「For di Future feat. かりゆし58」。タイトル通り、今という現実がどんな状況でも日々努力し、未来のために「夢に向かっていくこと」「チャレンジし続けること」が大切なんだというメッセージ、そしてこの曲でリスナーや自分たちの背中を少しでも押せればという想いを込めた曲となっている。

さらにU-DOU & PLATYが、同曲のミュージックビデオにぜひ出演してほしいと内藤選手に熱烈オファーをしたところ、内藤選手は7月30日の世界タイトルマッチを控え超多忙なスケジュールにも関わらず快諾。今回の内藤大助選手出演の映像が実現した。なお、この映像内の内藤選手の衣装はすべて自前。さらにグローブは先日の世界戦で使ったものを着用。小道具のサンドバックにパンチを入れるシーンでは、チャンピオンのパンチの衝撃に、支えのチェーンがぶっ壊れるというハプニングも発生したという。

世界王者、そこにに辿り着くまでに様々な苦難の道を乗り越えて来たに違いない内藤選手だからこそ出せる存在感と説得力。チャンピオン内藤大助だからこそ表現できた「夢や希望を持って未来に向かっていく」というテーマの映像は必見だ。

●楽曲&PVについて内藤選手、U-DOU & PLATYからのコメント記事
https://www.barks.jp/feature/?id=1000040977&p=4

●内藤選手の試合に感動して生まれた曲も収録!! 『For di Future』のCD情報
https://www.barks.jp/cdreview/?id=2000486669

●ボクシングの内藤大助チャンプが賛同した“勇気が湧く”コンピ盤
https://www.barks.jp/news/?id=1000040949
この記事をツイート

この記事の関連情報