九州最大の野外音楽フェス<Sunset Live>のオフィシャルCD

ツイート
九州最大の野外音楽フェスとして知られている<Sunset Live>。もともと16年前にカフェを経営する1サーファーが立ち上げた同イヴェントは、圧倒的に素晴らしいロケーション(西日本でも有数の景勝地、福岡・芥屋海岸)とイヴェンターが介在しない出演アーティストの独自のセレクションにより、年を追って動員を増やし、今や名実共に九州最大のミュージックフェスにまで成長してきた。

また、独自運営により醸し出される空気感が出演したアーティストを魅了、今や“アーティストが最も出演したいフェス”と言われるほどに。スカ、ダブ、サーフロック、ジャズ、クロスオーヴァー、そしてダンスホール・レゲエのアーティスト達が一同に会す海辺の祭典である当フェスは、2008年9月5日(金)、6日(土)、7日(日)の3日間開催される。

2008年のラインアップの発表が待たれるところだが、そんななかで、<Sunset Live>のオフィシャルCDの発売が発表された。その名も『Sunset Live Official Selection Album“LOVE & UNITY”』。

内容は、過去出演アーティストの代表楽曲を32曲セレクト。更に、新録楽曲としてHome Grownが手掛けた<Sunset Live>のオフィシャル・テーマ・ソング「Sunset」を収録したフル・ボリュームの豪華2枚組仕様。「Sunset」は、ジャンルを超えた超大作で、フィーチャリング勢は横山剣(Crazy Ken Band)、Leyona、H-Man、Spinna B-ILL、Saigenji、社長(SOIL & “PIMP”SESSIONS)、Jazztronik,TICO(Little Tempo)、三宅洋平(犬式 a.k.a. Dogggystyle)、有坂美香、Danger Shu / Fat Smith(Chomoranma) & BLACK BOTTOM HORNS(BLACK BOTTOM BRASS BAND)と充実の12アーティスト。

<Sunset Live>の醸し出す最高の夏を、このCDで満喫するというのはいかが?
この記事をツイート

この記事の関連情報