テクノポップ・アイコンAira Mitsuki、1stアルバムはコピー?

ツイート
2008年3月にメジャー・デビューしたばかりのAira Mitsukiが、6月22日(日)に都内最大級のクラブ「WOMB」(東京・渋谷)で行なわれたイベント<rasp>のメインタイムに出演、6曲のライヴ・パフォーマンスとともに、1stアルバム『COPY』のリリース発表を行なった。

<rasp>はこれまで毎回1000人を集客する、ファッション、アート、ヴィジュアルのコラボレーションをテーマとした一大クラブイベントで、過去capsuleや元気ロケッツなどがライヴアクトを務めた。

当日は雨天にもかかわらず多数のオーディエンスが来場。Airaは、3月に発売した北京オリンピックへのリスペクトソング「チャイナ・ディスコティカ」や、5月にタワレコ限定発売、完売となったプラチナ・ディスク「Darling Wondering Staring」など6曲のライヴパ・フォーマンスを披露。ライヴMC中に発表された1stアルバムのリリースについて、「テクノ第2世代をキーワードに、キラキラからバキバキまでいろいろと挑戦してるので、楽しみにしていてください!」と意気込みを語った。

アルバムには、Airaのデビューから全シングルをプロデュースするヒットクリエイターTerukadoを筆頭に、A-bee(元気ロケッツ、MAKAI)、Cherryboy function(DE DE MOUSE)、やけのはら(キラキラジブリ)、Substanceなど、新進気鋭のDJ/プロデューサーの参加が決定している。

Perfumeの大ヒットと共に、テクノポップムーブメントはさらなる盛り上がりを見せそうだ。

1st ALBUM『COPY』
9月3日(水)Release
【初回盤】VUCD-60001 12曲入り
【通常盤】VUCD-60002 16曲入り

■Aira Mitsuki オフィシャルサイトhttp://www.airamitsuki.com/
■オフィシャルブログhttp://blog.livedoor.jp/aira_mitsuki/
■MySpacehttp://www.myspace.com/airamitsuki
この記事をツイート

この記事の関連情報