『ホームレス中学生』映画&ドラマ主題歌は日韓コラボ

ツイート
麒麟の田村裕の自叙伝『ホームレス中学生』。200万部突破のこの超話題作はすでに映画化&ドラマ化が決定しているが、同作品の主題歌が天上智喜//CLIFF EDGEの「Here」に決定した。

●天上智喜//CLIFF EDGEのフォトアルバム
https://www.barks.jp/feature/?id=1000041228

『ホームレス中学生』は、お笑いコンビ・麒麟の田村裕が書き下ろした貧乏自叙伝。著者でもある田村自身が一家離散に見舞われ、14歳の夏休みを公園で過ごすことになった波乱万丈の青春時代をつづったリアルストーリーだ。「2007年ベストセラー」で「単行本ノンフィクション」部門で第1位、「2008年上半期ベストセラー」で「総合」部門、「単行本ノンフィクション」部門で第1位となっており(トーハン調べ)、現在222万部を突破。7月には100人の子役オーディションを勝ち抜いた“田村そっくり”の黒木辰哉(13)主演でのドラマ化(2008年7月12日 フジテレビ系21:00~OA)。さらに映画も10月公開が決定している(2008年10月25日より全国東宝系にて)。

史上初となる映画&ドラマのダブル主題歌に決定したのが、天上智喜とCLIFF EDGEのスペシャルコラボ。天上智喜は韓国の音楽チャートを総なめにし、全員がモデルと見紛うほどの165cm以上の長身と美貌を備えつつ、さらに躍動感あふれるコーラス&ダンスが魅力の女性ユニット。一方のCLIFF EDGEはデビューアルバム「to you」が5月14日付オリコンデイリーチャート9位にランクするなど、メッセージ性溢れる楽曲が若者を中心に人気を誇るhiphopグループ。

魅力的な2組のコラボレーションで生み出された「Here」が、この切なくて面白い物語を彩ることになる。なお、同曲の着うた(R)は現在無料で配信中。2008年秋にはCDリリースが予定されている。

また、今回のダブル主題歌タイアップ決定を受けて、天上智喜//CLIFF EDGEでのフリーライヴの開催が決定。開催日は7月18日で、場所は新宿FACE。

すべての詳細は天上智喜、もしくはCLIFF EDGEのオフィシャルサイトを確認してほしい。
この記事をツイート

この記事の関連情報