宝塚月組娘役トップの彩乃かなみ、初体験のイベントに「緊張した」

twitterツイート
現在、東京宝塚劇場にて上演中の『ME AND MY GIRL』でサリー・スミス役を演じている宝塚歌劇団月組の彩乃かなみが23日、今月18日にCD「千の風になってAYANO Kanami Crystal Dream」を発売したことを記念して、タワーレコード新宿店にてミニライヴ&トークイベントを行なった。

現役の娘役タカラジェンヌがCDをリリースし、インストアイベントを開催するのは初めてのこと。当日は400人を超えるファンが店内に集合し、熱気に包まれた。

表題曲である「千の風になって」は、2005年に阪神大震災から10年の区切りで開催された<宝塚歌劇チャリティーコンサート>で初めて歌い、それ以来、ファンの中でも評判となっていた楽曲。宝塚きっての歌唱力の持ち主である彩乃の堂々とした歌唱とパフォーマンスに、店内は静まりかえって聴き入った。

また、この日は現在彩乃が出演中のミュージカル『ME AND MY GIRL』からのナンバー「一度ハートを失ったら」も披露し、ファンを喜ばせた。宝塚歌劇団月組主演娘役として大勢の観客を魅了してきた彼女だが、初体験のインストアイベントに、終了後には「お客さまがあんなに近くにいらっしゃるし、すごい緊張しました」とコメント。また、自らの退団公演となる『ME AND MY GIRL』の千秋楽に向けて全力投球することを誓った。

『ME AND MY GIRL』は7月6日に千秋楽を迎える。同公演をもって、彩乃かなみは宝塚歌劇団を退団する。

「千の風になってAYANO Kanami Crystal Dream」には、「千の風になって」、「一度ハートを失ったら」のほか、、昨年末に大好評を博したクリスマスCD『CHRISTMAS PRESENT』より「Grown-Up Christmas List」、映画『千と千尋の神隠し』のテーマソング「いつも何度でも」、さらにボーナストラックとして、未発表の「Grown-Up Christmas List」日本語ヴァージョンが収録されている。

宝塚歌劇ホームページ
http://kageki.hankyu.co.jp/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon