鼠先輩、「紅白の話はあったりなかったり…最悪、家でみます」

twitterツイート
6月18日にリリースしたデビュー・シングル「六本木~GIROPPON~」が、オリコン演歌・歌謡チャートで1位を記録した現在話題沸騰中のムード歌謡歌手・鼠先輩(35)が28日、オリコンチャート1位を記念して、自身のホームである六本木=ギロッポンでファンイベントを開催、衣替えした新しい衣装のお披露目と、早すぎる自叙伝『純情ぽっぽ。』(7/17発売)の発表を行なった。

■裏地は野菜柄、新調したスーツにぽっぽな鼠先輩

この日のために新調したというスーツはまたも白のダブル。表地にはうっすら薔薇(?)の模様が入っており、ジャケットの裏地はなんと野菜柄。100%気に入っているというこの新しいスーツを身にまとい、独特の振り付けで「六本木~GIROPPON~」とカップリングの「みずかけ論」を披露した。

MCでは「デビューして少しギャラが上がったので衣装を新調しました。ジャケットの野菜柄の裏地が可愛い。だけどこの衣装はポケットがついてないんです」など、自慢の(?)ジョークを連発する鼠先輩に、イベントに参加したファンもぽっぽ。会場となったレストラン「六本木Hana」のメニューには、記念カクテル“GIROPPON”が加わることも決定した。

勢いに乗っている鼠先輩だが、米国人演歌歌手のジェロにはいまだ会うことができないそうで、記者から「嫌われているのでは?」という質問が飛ぶと「そういう噂もチラホラ聞きますね」とケロリ。NHK紅白についての質問には、「紅白の話があったりなかったりするんですけれども、紅組でも白組でもどちらでもいいと言っておるんですけれども…最悪、野鳥の会の人たちとカチカチカチカチしながら…最悪、お客さんとして観に行きたいなと…最悪、家でみます!」と紅白への意気込みがあったりなかったりするコメントで笑いを誘った。

オリコン演歌・歌謡曲チャート1位を記録した「六本木~GIROPPON~」は、CD出荷5万枚突破、着うた(R)も25万ダウンロードを超え、現在まだ伸びている。

ちなみに、現在の鼠先輩のライバルは「ハト」なんだとか。ぽっぽー!

【動画】「六本木~GIROPPON~」教えて鼠先輩パート1~4
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報