インリン、体液にドキドキ?

twitterツイート
1998年1作目の劇場公開以来、今だ熱狂的な人気を誇る人気SFシリーズ作品であり、原作は『機動戦士ガンダム』にも影響を与えたとされる作品『スターシップ・トゥルーパーズ』。この最新作『スターシップ・トゥルーパーズ3』が7月19日に公開される。

今回の作品では、『機動戦士ガンダム』の「モビルスーツ」のヒントになったとされるパワード・スーツが「マローダー」という起動歩兵ロボットとしてついに映像化。さらに、1作目のヒーロー、ジョニー・リコも大佐としてカムバック。さらに頭脳バグや新種の大型バグズも次々と登場するなどスケールもアップしている。

さて、そんな『スターシップ・トゥルーパーズ3』の公開に先立ち、本作の主役であるジョニー・リコ(キャスパー・ヴァン・ディーン)に魅せられた、タレントのインリン・オブ・ジョイ・トイが、映画を応援する“地球連邦軍”へと入隊。『スターシップ・トゥルーパーズ3』について語った。なんでも、“体液が顔にかかるシーンにドキドキした” とのことだ。以下、魅惑の(?)コメントを掲載する。

●凛々しいインリンの大きな画像
https://www.barks.jp/news/?id=1000041304

   ◆   ◆   ◆

─── 映画を観た直後ですが、感想を教えて下さい。
インリン:「映画ってテンションが上がったり下がったりするものですが、『スターシップ・トゥルーパーズ3』は、始まった途端からテンションがずっと上がりっぱなしでした。中でもパワードスーツを着るシーンでテンションが最高潮になりましたが、最後まで手に汗を握ってしまいました。凄く良かったです。」

─── 少しエグいシーンもありますが、大丈夫でしたか?
インリン:「実は大好きです(笑)。バグズの体液が顔にかかるシーンがありましたが、ちょっとドキドキしちゃいました。」

─── 本作には強い女性兵士が登場しますが、強い女性への憧れはありますか?
インリン:「ありますね。映画の中で強い女性が出てくると、常にその女性に目がいってしまうくらい憧れます。今回登場した女性兵士(ジョリーン・ブラロック)も最後まで冷静だったのが凄く格好良かったし、最初の登場シーンから目が釘付けでした。」

─── インリンさんから見て、主役のジョニー・リコ(キャスパー・ヴァン・ディーン)はどうでしたか?
インリン:「胸板が凄く厚いし、逆三角形の体が格好よかったです。遠くから歩いてくるシーンでも目立っていて強そうだし、いいですね! ちょっと触りたくなってしまう体です。ジョニーに勧誘されたら地球連邦軍に入ってしまうかも(笑)。」

─── インリンさんもパワードスーツ“マローダー”を操縦してみたいですか?
インリン:「終盤、連邦軍のメンバーがパワードスーツを着て一列に並ぶシーンが1番印象的でしたが、すごく格好よかったです。アニメではよくありそうですが、実写で人がロボットに乗って操縦しているのを見たのが初めてだったので、凄く感動して鳥肌が立ちました。ぜひ、操縦してみたいです。」

─── 映画の見所はどこだと思いますか?
インリン:「ロボットが出てくるので、多分、男性が好きそうな映画だとは思うのですが、地球を守るためにジョニー・リコたちが一生懸命戦う姿が凄く格好いいので、女性が見ても入り込みやすい映画だと思いました。だから、誰が観ても面白い映画だと思います。」

─── ジョニー・リコたちが全裸になって整列するシーンがありましたが?
インリン:「ドキドキして、思わず目が下の方にいってしまいました(笑)。でも、脱ぎっぷりが潔いからいやらしくないし、格好よかったです。大爆発をバックにキスするシーンでは “やっぱり愛は勝つんだな!” と思いました。」

─── 『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズは、反戦のメッセージが込められたシリーズですが、作品の持つメッセージに共感はしましたか?
インリン:「そうですね。人間同士が殺し合うことの馬鹿ばかしさを、パロディを使ってメッセージを伝えているのがお洒落だと思いました。」

─── もし『スターシップ・トゥルーパーズ4』への出演オファーがあったら、どんな役がいいですか?

インリン:「クールな役がいいですね。私も戦って、指示を出したいです。ジョニー・リコはクールなだけではなくて、セクシーな部分があるからみんなが付いていくんでしょうね。」

   ◆   ◆   ◆

【『スターシップ・トゥルーパーズ3』作品情報】
監督・脚本:エド・ニューマイヤー
原作:ロバート・A・ハインライン(原作「宇宙の戦士」)
製作:デヴィッド・ランカスター
製作総指揮:ポール・バーホーベン、クラウディオ・ファエ

出演:
キャスパー・ヴァン・ディーン(ジョニー・リコ)
ジョリーン・ブラロック(ローラ・ベック)
ボリス・コドジョー(ディックス・ハウザー)
スティーブン・ホーガン(総司令官オマール・アノーキ)

配給:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
配給協力:(株)エスピーオー

(C)2008 Star Troopers (Pty) Limited and ApolloMovie Beteiligungs GmbH.
All Rights Reserved.

公式サイトURL:
http://starship3.jp/

7月19日(土)新宿ジョイシネマほか全国ロードショー
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報