デブパレード、肉の日にハッピー☆乱デブー

ツイート
▲大きな写真はこちらをクリック
2008年6月29日、「肉」の日に、デブパレードのライヴ<ハッピー☆乱デブーvol.1>が、渋谷club asiaで開催された。

早々にチケットがソールドアウトしただけあって、会場には人がびっしり。それも、若く美しい女性多数! メンバーが、女性の7割(最近は、8割、9割という声も)はデブ専だ!というだけあって、それを実証するようなライヴ会場となった。

定刻、少し遅れで、会場の照明が落ち、最初に現れたのはパパイヤ鈴木。デブの先輩として、デブパレードのデブー祝いにゲストとして参加。そして、その後パパイヤの紹介でメンバー登場! デブーシングル「Body&Soul」をジュニア(インディーズ)時代のアレンジで披露するなど、一気に25分間のパフォーマンス。ここで、なぜか一旦メンバーはステージからはける。その理由は、パパイヤ曰く、「彼らは25分が限界ですから」とのこと。確かに、100Kg超の巨漢での機敏な動きは心臓にも負担がかかりそう。

その後、この日のゲスト、電撃チョモランマ隊によるダンス&ダンスコント。ダンス☆マンによるパフォーマンス。電撃チョモランマ隊とパパイヤ鈴木feat.ダンス☆マンや電撃チョモランマ隊とダンス☆マンfeat.パパイヤ鈴木による歌や踊り。パパイヤ鈴木のダンスレッスンなど、約1時間に渡ってゲストがステージを盛り上げた。正直、この時間誰のライヴに来たのか分からなくなったのですが、エンターテインメント性の高さに、終始笑いっぱなしの踊りっぱなしでした。

そして、疲れを癒したメンバーが再びステージに。映画『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発』の主題歌「cosmic mind」では、ギララまでもが応援に。これには会場もビックリ。

また、会場からパパイヤ鈴木が女性を選び、出演者とチークダンスを踊らせる、なんて趣向も。チークダンスの相手は女性が選ぶのだが、彼女が選んだのはリーダーTAH。彼の照れっぷりがとってもキュートでした。

その後は、盛り上がる曲、じんわりとくるラブソング。手を×にして「メ」を作りながら踊る「ME☆TA☆BO~俺たちミートボール~」。ラストは、デブーシングルの「Body&Soul」をレコーディングのままに、ダンス☆マン、パラダイス山元氏を迎えて演奏し、ライヴを締めくくった。

と思ったのだが、そうは問屋が卸さないのが会場のファンたち。

客電がついてもアンコールならぬ「おかわり」コールを続けると、メンバーが再び登場。マジでアンコールは準備していなかったらしく、会場からの聴きたい曲のリクエストを受け、「立ち上がれ」を演奏。

予定外の「おかわり」にファンも大満足でした!

[寄稿] 伊藤 緑:http://www.midoriito.jp/

■映画「ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一髪」情報
【監督】河崎実
【出演】加藤夏希 加藤和樹 ザ・ニュースペーパー ビートたけし
【特別出演】みうらじゅん いとうせいこう リリー・フランキー
【公開】2008年7月 5日~北海道先行公開 008年7月26日~全国公開
【HP】http://www.cinemacafe.net/official/guilala/
この記事をツイート

この記事の関連情報