フランツ「曲を無料であげるなんてクレイジー」

ツイート
シングルのみならず、アルバムまで無料でリリースしてしまうアーティストが出てきたが、フランツ・フェルディナンドはそれは「クレイジーだ」と考えている。

シンガーのアレックス・カプラノスは、XFMにこう話した。「“ああ、そうだな。あのバンドもこのバンドもみんな、タダにしてるから、俺たちもそうしようぜ”って態度だろ。そんなのクレイジーだ」

ドラムのポール・トムソンはこう続けている。「俺ら、好きな音楽には喜んで金払うぜ。タダならいいってわけじゃない」

このブームの先駆者ともいえるレディオヘッドだが、カプラノスは彼らについてこう話している。「レディオヘッドのことは、常に新しいアイディアを試そうとしてる本物の革命バンドだと思っている。その点では、彼らをリスペクトしなきゃな。でも、どれだけ博愛精神があったかは不明だ。50ポンドのボックス・セット、すごくいいよな。でも、それはタダでダウンロードできないんだろ?」

この発言からいくと、来年初めに発売予定といわれるフランツ・フェルディナンドの新作は従来の方法でリリースされることになりそうだ。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報