あゆも長渕も!元ALLiSTERのスコット、“ハイ!タケコプターッ!”

ツイート
JR東日本の発車時音楽や森山直太朗、SPITZなどを日本語のままカヴァーしたアルバム『Guilty Pleasures』を2006年にインディーズでリリースし、15万枚を超えるCDセールスを記録したシカゴ出身のメロディックパンクバンド、ALLiSTER(アリスター)。

ツアーで初めて訪れた日本に恋してはや7年。リーダーであるScott Murphy(スコット・マーフィー/Vo&B)のJ-POP愛(?)はバンド解散後も消えることなく、7月9日に“逆輸入日本語カヴァー”第2弾アルバム『Guilty Pleasures II』をリリースした。

■「ドラえもんのうた」「乾杯」楽曲試聴

スコット自身が「最もエキサイティングな音楽」と語る楽曲を中心に選曲された今作には、2007年に行なったELLEGARDENとのツアー全会場で披露し、幕張メッセで3万人のキッズに“ハイ!タケコプター”と絶叫させた「ドラえもんのうた」、浜崎あゆみの「Voyage」、長渕剛の「乾杯」、さらにはなぜかホイットニー・ヒューストンの「I Will Always Love You」まで、誰もが耳にしたことのある日米のカヴァー全9曲が収録されている。

アニソンからヒット曲、さらには癒し系の楽曲まで、すべてパンキッシュに、ロッキンに歌い上げるスコット・マーフィー。パンクなアレンジに生まれ変わった「ドラえもんのうた」を聴けば、きっとあなたも“ハイ!タケコプターッ!”と絶叫せずにはいられないぜ。

■スコット・マーフィー コメント映像

◆リリース情報
カヴァー・アルバム『Guilty Pleasures II』
UPCH-1612 ¥2,000(tax in)
2008年7月9日発売
この記事をツイート

この記事の関連情報