史上初、ハワイ先行デビューの日本人アーティスト

ツイート
日本でのデビューに先駆けて、ハワイでCDデビューを果たした日本人アーティスト、Safarii(サファリ)が現地で話題になっているという。

Safariiは、AK(エイケー)、Oki(オキ)、Sophia(ソフィア)の3人組。もともと2人で音楽活動を行なっていたAKとOkiに、HIPHOP系雑誌のモデルとして活動していたSophiaが加わり、2007年に結成された。ハワイに魅せられ、“ハワイと日本の音楽の架け橋になる”ことを目指し、今年2008年6月に念願のハワイ・デビューを果たした。

ハワイ・デビュー・アルバム『808』(エイトオーエイト)は、現地のショップ“BOARDERS”で好調に売り上げを伸ばし、7月末からは日本でも人気のハワイ・ブランド“88Tees”のCDキャラクターとして、ハワイのCMでオンエアされることが決定している。CMソングには、ハワイでリリースされた彼らの楽曲が起用される。日本人が日本デビューの前にハワイでデビューするのも、ハワイの現地CMに日本人アーティストが起用されるのも、史上初の出来事となる。

そんなSafariiの日本デビュー・シングル「涙音」(ナミオト)は、2008年8月27日にリリース。この曲は、ハワイのプロデューサーの手によるもので、メンバー曰く「ハワイの音楽と日本の情緒を融合した、まさにハワイと日本の架け橋となる曲です」とのこと。

「涙音」は、現在日本で着うた(R)が配信されている。

■オフィシャル・サイトhttp://www.safarii-web.com/
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス