『インクレディブル・ハルク』囲み取材&フォトアルバム

ツイート
【スペシャル・ジャパンプレミアでの舞台挨拶の様子・全文】

おすぎ:ふたりとも日本はお好き?

エドワード・ノートン:日本語スコシダケ話せます。

リヴ・タイラー:5回以上は来てるわ。大好きです

おすぎ:(ノートンへ)ハルクという役をどうして受けたの? イメージを変えようと?

ノートン:自分でも信じられないけれど、スーパーヒーローをやるのもたまにはいいかなと。元々10フィートの大男なんて思っていないけれど、こういう役をやってみるのも面白いかなと思って受けました。

おすぎ:(リヴへ)変身しても愛は変らない───。男は顔じゃないわよね?

リヴ:ハルクになっても、ブルースの心が反映されていて、おっしゃる通り、やっ
ぱり心が大切ですよね。

おすぎ:それにこの映画、実は深い深いラブストーリー。分からない人は病院に行ったほうが良いわよ!(笑)

おすぎ:エドワードはとっても日本語上手よね。ファンの方に日本語でメッセージを。

ノートン:ワタシノオオサカノトモダチ、オオキニ!(客席に向かって手をふりながら)ミナサマコンバンハ。

おすぎ:日本に住んでいたことがあるとか。

ノートン:18年前に4ヶ月くらいいました(日本語で)

おすぎ:上手!

ノートン:練習したんだよ(笑)(日本語で)

リヴ:私はコンニチハ(日本語で)だけだけど…

ノートン:スゴイ!(日本語で)

おすぎ:初めての共演?

リヴ:これまでパーティーとかで数回お会いして、共演したいねという話をしていたけれど、実際の共演は初めてです。

おすぎ:パーティー? エドワードは好きじゃなさそうだけど…。

ノートン:そんなことないよ。24時間パーティーは好きだよ。

おすぎ:共演してどうだった?

ノートン:素晴らしかったよ。リヴが参加してくれるということが決まった上で脚本を書いていたから、雨の中を走ってキスをしようと、しっかりと想像しながらそのシーンをいれていました。せっかくだからキスくらいしないと、ね(笑)。世界で一番有名な女優さんですから。

リヴ:とても楽しい時間を過ごしましたよ。

ノートン:僕の演技に忍耐強くつきあってくれたのもリヴでした。

おすぎ:大きなハルク、撮影はどういう風に?

ノートン:テストをとっているときは腕なら本当の腕でやっていて、その段階でもう当然すばらしいものになると確信していました。観たらみなさん納得していただけると思います。宮崎駿監督ではないですよ(笑)

おすぎ:ブルースとハルク、どちらが好きですか?

ノートン:何をしているかによるんですけど…

リブ:ハルクは非常に表情が豊か素晴らしいと思うし、ブルースは…ブルースも良い人よ(笑)

おすぎ:最後に一言!

リヴ:映画をぜひ楽しんでください。今日は来てくれてありがとう

ノートン:アリガトウゴザイマシタ(日本語で)

おすぎ:ほんっとうに楽しい映画だから、本当に楽しんでね!

「おすぎ“いいオトコが来ると駆けつけるなんてゲンキンッ!”」ニュースはこちら
この記事をツイート

この記事の関連情報