The Birthday、フジロックで新曲発表

twitterツイート
7月25日~27日の3日間にわたり、新潟県苗場スキー場にて開催されたロック・イベント<FUJI ROCK FESTIVAL '08>。今年で早くも開催12回目を迎えた同イベントは、いまや世界的に知られる日本の夏の風物詩ともいえる。

2008年のメインステージ最終日は、活動を再開した忌野清志郎率いる“忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS plus 仲井戸“CHABO”麗市”が大トリを飾る予定だったが、清志郎氏の癌転移により出演がキャンセルされた。この緊急事態を受けて、主催者のスマッシュは元thee michelle gun elephantのチバユウスケ率いるThe Birthday(ザ・バースデイ)にヘッドライナーを緊急オファー。快諾したThe Birthdayが、最終日のグリーン・ステージに出演した。

夕方にはフジロック恒例(?)ともいえる土砂降りに見舞われたが、“晴れバンド”の異名をとるThe Birthday出演時間の19時30分には雨はピタリと止み、大歓声の中、ライヴはスタート。ちなみに彼らは2日目のホワイト・ステージでも2ndヘッドライナーを務めていたが、この日は前日とは大幅に異なるセットリストで進行した。

7月9日に発売したばかりの最新作『MOTEL RADIO SiXTY SiX』から「カレンダーガール」「LUCCA」のほか、<夢を見ようぜ ベイビー!>というサビの「ALRIGHT」を、清志郎氏が癌転移発覚時に自身のオフィシャルサイトへアップした手書きのメッセージ“夢を忘れずに!”に応えるかのように熱唱。さらに、10月に発売されるブランニュー・シングル「涙がこぼれそう」も披露し、オーディエンスを熱狂の渦に巻き込んだ。ライヴ終了後、メンバーは「楽しかった!!」とコメントし、大役を無事終えた。

チバユウスケ(Vo)とイマイアキノブ(Gt)は、<FUJI ROCK FESTIVAL '05>に“ROSSO”名義で出演し、レッド・マーキーの大トリを経験しているが、チバとクハラカズユキ(Dr)の2人が揃ってグリーン・ステージに立つのは、thee michelle gun elephantで出演して以来、実に5年ぶりとなる。

The Birthdayオフィシャルサイト
http://www.rockin-blues.com/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報