トミー・リー、自分の役にジョニー・デップを希望

ツイート
モトリー・クルーのトミー・リー(Dr)は、バンドのバイオグラフィ映画が作られる際には、ぜひとも自分の役はジョニー・デップに演じてもらいたいそうだ。バンドはここ数年、ベースのニッキー・シックスが出版した自伝『The Dirt』をもとにした映画の制作を考えている。

一時は『ファイト・クラブ』や『セブン』でお馴染みのデヴィッド・フィンチャーが監督に決まっていたとの話もあったが、その後、彼が降板して以来、計画は進んでいない。しかし、リーはまだ映画の制作に意欲的らしい。こう話している。「俺の役はジョニー・デップにやってもらうってのが、俺の希望だ。彼は、これまででサイコーの役者だからな」「映画のプロジェクトは進めてるよ。いいプロデューサーや監督を見つけようとしてるとこだ」

しかし、この監督選び、なかなか進んでいない。3年前にもニッキー・シックスは同じような発言をしていた。「デヴィッド・フィンチャーを監督に決めてたんだけど、彼には大作をやってもらうから、俺たちは待つようにってパラマウントから言われたんだ。とりあえず、俺らは他の監督を探してるとこだ」

ミュージシャンのバイオグラフィ映画制作の話が出ると、必ずといっていいほど名前が上がるジョニー・デップ。オジー・オズボーンの奥さんシャロンも、オジー役に彼を指名。ブライアン・メイも故フレディ・マーキュリー役に彼を希望していた。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス