Plastic Tree、台湾の野外フェスに出演。空港にファン2,000人殺到

ツイート
7月27日に台湾で開催された台湾最大規模の野外フェスティバル<Formoz Festival 2008>にPlastic Treeが出演。バンド結成15年、メジャー・デビュー11年というキャリアならではのライヴ・パフォーマンスで、観客を魅了した。

■<Formoz Festival 2008>でのライヴ写真

台北空港で約2,000人のファンに歓迎されたメンバーたちは、かなり感激した様子で現地に入った。フェス当日は、台風直撃や現地スタッフのストライキで、一時は開催も危ぶまれたが、何とか予定通りに開催。来場者数約10,000人の大合唱が響き渡るシーンもあった。

ライヴ終了後は、現地のテレビ局からの取材依頼が殺到。翌日の新聞(娯楽焦鮎Entertainment紙)に写真付きでライヴレポートが大きく掲載されるほど、現地はお祭りムード満載だった。

2007年4月にリリースしたシングル「アローンアゲイン、ワンダフルワールド」が、バンド史上最高となるオリコンデイリーチャート初登場5位を記録するなど、バンドのさらなる成長ぶりを見せているPlastic Tree。8月13日には両A面シングル「リプレイ/Dolly」をリリースする。
この記事をツイート

この記事の関連情報