ピーターパン1300回記念に、みつき新曲を披露

ツイート
▲大きな写真はこちらをクリック
▲シングル「夏のモンタージュ」
高畑充希が主演を務めるミュージカル「ピーターパン」が、7月29日に1400回公演を迎えた。

ミュージカル「ピーターパン」は1981年から始まり、この27年の間に歴代ピーターパンは8代9人となった。榊原郁恵、沖本富美代・美智代、相原勇、宮本裕子、笹本玲奈、中村美貴、宮地真緒、そして9人目が高畑充希となる。

1400回という公演を記念して、この日はスペシャル企画として、終演後に榊原郁恵、笹本玲奈、宮地真緒という歴代ピーターパンが揃い、舞台挨拶を行なった。

◆ミュージカル「ピーターパン」1400回記念の様子

それぞれ、自分の演じたピーターパンが懐かしいようで、できるならもう一度飛びたい!と想いを語った。1400回という記念すべき公演を務めた高畑充希は「1400回という公演にたてていることが、本当にうれしいです。 客席からの声援が、力になっています。」と、さらに全国へと続くこれからの公演に、意欲を見せた。

その後高畑充希は、アーティストとしてみつきとして、シングル「夏のモンタージュ」とカップリングの「元気を出して」をライヴで披露。竹内まりや作曲の「夏のモンタージュ」は、現在放送中のドラマ30「夏休みスペシャル ナツコイ」主題歌となっているが、竹内まりやもピーターパンの公演を見に来たとのことで、「子供に戻った気持ちで楽しめたといってくださいました。まりやさんはお母さんもわたしもファンだったので、楽曲提供のお話をいただいた時は、2人で喜びました!雲の上の人という感じで緊張しましたしたが、とっても気さくな方でレコーディングにも来て下さって、アドバイスもいただきました。」と彼女との出会いも語っていた。

「夏のモンタージュ」は7月30日発売。詳細は、本人からのメッセージ映像でご確認を。

◆みつき(高畑充希)メッセージ映像
この記事をツイート

この記事の関連情報