昭和を代表する名作ドラマ『太陽にほえろ!』のテーマ曲に乗せてラップをする、平成生まれの女子高生ユニットが現われた。

彼女たちの名前は、Hi-prix(ハイプリ)。2007年、ソニー・ミュージックレコーズの女子高生オーディション<High Scool Princess>で見事グランプリの座を勝ち取り、7月30日にシングル「Wipe Out / 太陽にほえろのテーマ~うちらいい感じ~」でメジャー・デビューを果たした。

Hi-prixの大きい写真はコチラ

Hi-prixは、現役女子高生のHINA(17歳/平成3年2月9日生まれ)と、高校を卒業したばかりのMIKI(18歳/平成2年3月2日生まれ)からなる2人組“脱力系ユニット”。 キュートなルックスに加え、不思議ラップが一度聴いたら忘れられないと評判になり、新人ながらも現在、USEN問い合わせチャートを急上昇中で、8月1日付けでは3位にランクインしている。

平成生まれの2人は、リアルタイムでは『太陽にほえろ!』を知らないが、
「ドラマでは見たことないけど、着メロ持ってました!(HINA)」
「両親はもちろん、小学生の時の先生がドラマの大ファンで、メロディは良く知っていたので楽しく歌えました!(MIKI)」
と「太陽にほえろのテーマ」が世代を超えて女子高生のハートをもガッチリと掴んでいる事を力説。

誰もが一度は耳にしたことがあるであろう、大野克夫作曲による「太陽にほえろのテーマ」をサンプリングしたトラックに乗せて、“YO! 調子いいかな~ YO! かましてくよ~”と極ユルなテンションで繰り広げられるラップは、一度聴いたら頭の中でループするので要注意だ。

作曲者の大野克夫も「「太陽にほえろのテーマ」がこんな楽しい音楽に変身しました。可愛いお二人の歌声がとっても素敵です」と絶賛している。

■オフィシャルHP http://hi-prix.com
■楽曲試聴 http://hi-prix.com/disco/