女子高生インディーズ・バンドが三大音楽大国を制覇

twitterツイート
▲大きなライヴ写真はこちらをクリック
いま、着々と噂を広め、人気を拡大している女子高生インディーズ・バンド、SCANDAL(スキャンダル)が、香港で開催されたイベントに出演。現地のファンを大いに沸かせたそのライヴのレポートが到着!

   ◆   ◆   ◆

2008年3月の北米、7月のフランス、そして今回8月には香港と、音楽大国のビッグ・イベントに出演した女子高生インディーズ・バンド、SCANDAL。

<2008第10回アニメコンベンション&ゲームス香港>(8月1日~5日@香港コンベンションセンター)には、昨年実績の560,000人を上回る動員が見込まれるが、その伝統あるアジア最大のジャパンカルチャー・フェスティバルに、SCANDALが異例のゲスト出演をし、香港やマレーシアのアジアのアーティストに混じり現地の観客を熱狂させるステージを繰り広げた。

今回の香港フェスは男女比も6:4と健全だが、夏休みということもあって動員層が比較的若く、親子で来場する姿もちらほら見られ、その圧倒的な入場者数が目を引く。初日から徹夜組を含め会場の周りには1キロを越える行列ができ、熱狂ぶりが露見。コスプレ、ゲーム、アニメと時間帯で各ジャンルのエンタテインメントイベントが仕切られる中、音楽イベントが19時から行われた。

ここに初めて参加したSCANDALは、8月1日と8月2日の2日間出演。中国語で「ダイガーホウ! ウォーデイハイ、スキャンダル!」(みんなこんばんは! 私達はSCANDALです!の意)のMCを高らかに叫び、集った3,000人を超える客を20分のステージで魅了した。

イベント参加翌日の8月3日には、香港のセントラル地区にあるライヴハウス「Back Stage Live」で行なわれたイベントにトリで出演。香港のローカル・バンド等に混ざって、30分のステージを行ない300人を超える観客を沸かせた。チケットが発売から即ソールドアウトだったこのライヴも含め、3日間で6,300人以上を動員し、約1,000枚のCDをはじめ、物販で用意したオリジナル・グッズも全て完売し、その注目の高さを実証した。

今後のSCANDALは、8月8日にインディーズ盤ミニ・アルバム『YAH!YAH!YAH! HELLO SCANDAL』をリリースし、初の全国ツアーに突入。ひとつひとつ成長を遂げる女子高生バンドは、大胆に、そして着々と、ウワサを広めている。

■オフィシャル・サイト http://www.scandal-4.com/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報