渚ようこ、初のコマ劇に横山剣ほか豪華ゲスト

ツイート
7月23日にリリースした初のベスト・アルバム『魅力のすべて~BEST 1996-2008~』が好評な渚ようこ。“ゴールデン・ポップスの女王”の異名を取る彼女が、自身初、そして長年の夢でもあった新宿コマ劇場での単独公演を行なうことが決定した。

◆渚ようこ「哀愁のロカビリアン」ライヴ映像

新宿コマ劇場は、昭和31年の12月に開場して以来、数々の伝説的な公演を行なってきたが、惜しまれつつ2008年の12月末日をもって閉館されることが発表されている。

歌謡の精神を現代に受け継ぎ、新宿ゴールデン街に自身の店“汀”(なぎさ)をオープンさせるなど、新宿を愛する渚ようこにとって、コマ劇場での単独コンサートは、まさに夢。その彼女にとっての“夢”が閉館直前の10月4日にかなうことになった。

<新宿ゲバゲバリサイタル>と題した本公演では、若松孝二、山谷初男、三上寛、デリシャスウィートス、そして横山剣(クレイジーケンバンド)らがスペシャル・ゲストとして参加し、渚ようこのステージを盛り上げる。

また、渚ようこは、先日一周忌を迎えた作詞家・阿久悠とのコラボレーション作品を多く発表している。ミニ・アルバム『渚ようこ Meets阿久悠~ふるえて眠る子守唄~』や「HEY YOU!」などで阿久悠作品を歌い、2007年8月22日にリリースされた彼女の初のオリジナル・フル・アルバム『novella d’amore』では、阿久悠最後の書き下ろし作品「KABUKU」が収録されている。

そんな、阿久悠作品の数々や、クレイジーケンバンドの横山剣とのコラボレーション作品、歌謡の若き伝道師とも言うべき半田健人とのデュエット曲「かっこいいブーガルー」、そして、映画『ヨコハマメリー』の主題歌となった「伊勢佐木町ブルース」のカヴァーや謎の歌手東馬健とのデュエット曲など、全17曲を収録した渚ようこ初のベスト・アルバム『魅力のすべて~BEST 1996-2008~』。渚ようこの魅力を余すところなく収録した決定盤!

渚ようこ 初のベストアルバム
『魅力のすべて~ベスト1996-2008』
7月23日発売
ECG-30016 ¥3000
1. ニュー・トーキョー  
2. かっこいいブーガルー【クレイジーケンバンド】
3. 愛の逃亡者
4. シャム猫を抱いて
5. サイケでいこう
6. ブガルー・ベイビー
7. この胸のときめきを
8. 伊勢佐木町ブルース
9. 二日酔い
10. 世迷い言
11. 哀愁のロカビリアン
12. OTOME
13. どうせ天国へ行ったって
14. かっこいいブーガルー【渚ようこduet with半田健人】
15. アマン【東馬健&渚ようこ】
16. アダムとイヴ
17. ゲバゲバ子守唄

<新宿ゲバゲバリサイタル>
2008年10月4日(土)新宿コマ劇場
開場16時/開演17時
※スペシャルゲスト
若松孝二/山谷初男/三上寛/横山剣(クレイジーケンバンド)/デリシャスウィートス

■渚ようこ オフィシャル・サイト
http://nagisayoko.net/
この記事をツイート

この記事の関連情報