ゴリラズのメンバー、西遊記オペラで傑出した才能を発揮

ツイート
2007年、マンチェスター・インターナショナル・フェスティヴァルで上演され話題となったチャイニーズ・オペラ『Monkey: The Journey To The West』が先月ようやく、ロンドンでお披露目された。ご存知の通り、オペラの原作は『西遊記』。英国でも70年代、堺正章主演のTVドラマが子供たち間でカルト的な人気を誇っていたという。(30代以上の)英国人にはお馴染みのストーリーだ。それに、デーモン・アルバーンとジェイミー・ヒューイットのゴリラズ・コンビが加わったとあり、注目度/期待度は高まるばかり。上演期間は3日間と短かったが、この夏、ロンドンで最もホットなステージだったのは間違いない。

2時間弱のショウは、『西遊記』のストーリー忠実に孫悟空、三蔵法師、猪八戒、沙悟浄がさまざまな苦難を乗り越え天竺へ辿りつくまでを、歌や踊り、アクロバットを交えながら描いている。 台詞(歌)は全て中国語で語られており、ステージ上方に設置されたスクリーンに字幕が流れた。

デーモンの役割はいうまでもないが、ジェイミーは舞台美術や衣装をデザインしただけでなく、キャスティングにも携わったという。それに、本職のアニメーションも駆使。ところどころで挿入されたこのアニメーションの貢献度は高かった。

デーモンが作りあげた中国の伝統音楽に西洋の要素を融合したサウンド、ワイヤーを多用した演出、アクロバット、アニメーション、そのどれ1つを取り上げても傑出した出来だったが、全てが一体化したことでこれまでにないユニークなショウが完成した。とくに海底のエピソードでは、ステージ前方の透けた幕に映し出されたアニメーションがステージ上の役者の動きと重なり、幻想的で美しいシーンを作り上げていた。

ひとつ難点を上げるとしたら、話の展開にスピード感がなかったことか。ところどころではあるが、台詞が途絶え動きも鈍く、間のあくシーンがあった。冒険劇だけに、これは残念。しかし、全体から見たら些細なことなのだろう。UKの新聞/マガジンのレヴューはのきなみ4~5星の高得点を与えていた。初日のカーテン・コールでは、デーモン&ジェイミーも登場し、観客からの拍手喝采に応えた。

とくに高い評価を得たデーモンの音楽だが、間もなく、ジェイミーとの新プロジェクトMonkeyの名義でオペラと同名タイトルのアルバムがリリースされる。サントラというわけではないそうだが、同オペラ、および中国の音楽からインスピレーションを受けて作られた音楽の完成度は高く、作曲家としてのデーモンの新しい才能を堪能できる。

アルバム『Monkey: The Journey To The West』は8月18日に英国でリリースされる(日本盤、2008年秋発売予定)。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報