「ウィー・アー・ザ・ワールド」映像がiTunesで限定配信開始

ツイート
1985年にリリースされ、当時アメリカだけで750万枚のセールスを記録した「ウィー・アー・ザ・ワールド」の映像が、iTunes限定で入手可能になった。

◆「We Are The World~USA for AFRICA」映像

配信開始後すぐに、iTunesのビデオ・チャートで1位にランクイン、その後もチャート上位をキープし続けている「ウィー・アー・ザ・ワールド」。アメリカの著名なアーティストたちが“USAフォー・アフリカ”名義で集結し、アフリカの貧困層を解消するためのキャンペーン・ソングとして制作されたこの楽曲の作詞・作曲は、マイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが手掛けている。

今回、配信開始となった当時の貴重な映像では、シンディ・ローパー、スティーヴィー・ワンダー、ダイアナ・ロス、ダリル・ホール&ジョン・オーツ、ティナ・ターナー、ビリー・ジョエル、ブルース・スプリングスティーン、ベット・ミドラー、ボブ・ディラン、ポール・サイモン、マイケル・ジャクソン、レイ・チャールズ...といった錚々たる顔ぶれが、一堂に会して歌っている姿を見ることができる。

ちなみに、「ウィー・アー・ザ・ワールド」はリリース当時、シングルとアルバム、ビデオの売上合計6300万ドルを売り上げ、すべての印税はチャリティとして寄付された。

We Are The World ビデオ
We Are The World シングル
※注意:itunesが開きます。
この記事をツイート

この記事の関連情報