『秘密結社 鷹の爪』を手掛けたDLEがデブパレードをアニメ・キャラに

ツイート
『秘密結社 鷹の爪』『蛙男商会』など、数々のヒット作を生み出しているFLASHアニメ界のトップランナー、DLE(株式会社ディー・エル・イー)が、なんとヘヴィメタボ・バンドのデブパレードをアニメ・キャラクターにしてしまった。

メンバーの総体重は570kgという前代未聞のヘヴィメタボ・バンドとして、今年(2008年)6月にメジャー・デブーを果たしたデブパレード。この夏は<SUMMER SONIC 08>をはじめ各地のフェスでも大暴れしている。そんな彼らの話題性とアイドル性にほだされた(?)DLEが、アニメ・キャラクター化を名乗り出たのだそうだ。

さらに、度重なる打ち合わせを経て生み出されたキャラクターは、その出来映えの良さが功を奏し、テレビ東京系の人気番組『ファイテンション☆テレビ』(毎週土曜 7:00-7:30)で8月16日からスタートする新コーナー「男(デブ)はつらいYo!」の主役に大抜擢!

惑星デブスターから匂いに誘われて地球へとやってきたデブパレードが、地球上ではバンドマンとしてイケてる生活を送り、毎日ハードな試合(食事)も欠かさずにこなしている。そんな彼らが毎回マドンナに出会い、一目惚れ?! デブにとって最高にカッコいい姿を見せ、求愛を試みるが……。という内容らしい。

デブパレードは、9月24日にリリースされる『赤塚不二夫トリビュート~四十一才の春だから~』に「天才バカボン レコードサイズ」で参加している。

■デブパレード オフィシャルサイト
■「ファイテンション☆テレビ」ホームページ
■DLEホームページ
この記事をツイート

この記事の関連情報