福山雅治、五輪テーマソングが3時間で20万DL突破

twitterツイート
テレビ朝日系北京オリンピックテーマソングとしてオンエアされている福山雅治の新曲「HIGHER STAGE」(発売未定)の着うた(R)が、配信3時間で驚異の20万ダウンロード超えを記録した。

同曲の着うた(R)は、オリンピック開会式直後の8月8日21時から配信がスタート。有料配信と平行して3時間限定の無料配信を行なったことが、アクセス殺到へとつながったようだ。

着うた(R)のダウンロード数は、多い時でも1日1万ダウンロード前後だが、「HIGHER STAGE」はその20倍のダウンロード数を獲得。所属事務所アミューズのサイトも、アクセス集中により、一時回線がパンク状態となった。北京五輪への高い関心に、ただでさえ注目度の高い福山雅治の新曲というトピックが折り重なることで、この記録的状況となった。

福山はテレビ朝日のオフィシャルカメラマンとして、開会式から北京を訪問。8月11日には国家水泳センターを訪れ、北島康介選手(25)が水泳100メートル平泳ぎで金メダルを獲得する瞬間にたちあった。関係者によると、福山は「北島君はすごいね」と強く感動し、刺激を受けていたという。

「HIGHER STAGE」の着うた(R)有料配信は8月31日まで。日本選手の活躍とともに、今後もアクセス数を伸ばしそうだ。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報